合   奏

平 戸 廉 吉




               
                               
                              【平戸廉吉詩集より】




 白鳥省吾が鼓吹した民衆詩は、「現代の社会に対する情熱、あらゆる主題が詩の題材、自由で平明な用語」をその特色として掲げた。これによって、詩は一般大衆に近づいたいわれる。
 しかし、民衆派の詩は、おしなべて同じ内容の繰り返し、単調な詩想と用語、空虚で抽象的な感激にとどまるものが多く、見るべき作品が乏しいという結果に陥った。

 このような民衆詩の用語上の無感覚に対して、もっと刺激の強い表現を望む傾向が生まれた。また民衆派の民主主義思想を生ぬるいもとして、社会主義的な詩に向かう傾向も出てきた。上に取り上げた詩は、その中の刺激の強い表現を主張する、未来派に属する平戸廉吉の作品である。かれは、イタリアの詩人マリネッティが唱えた「未来主義第一宣言書」をまねて都会美や機械美を歌い、擬声音や数学的記号までも取り入れ、これまで詩の文体表現を破壊して「空間的立体詩」と称する作品を発表したのである。

 しかし、この「空間的立体詩」を見て、私には何がなんだかさっぱり判らない。この詩を見て、詩を読み終わった後に感ずる感興を、私は全く感ずることができない。この詩をはじめた見た50年前も、今も、これは私の理解と感受性を超越した詩である。
 この派の詩は、「絵画上に速度の美を求め、時間意識内に現れる一切の記憶や連想や音響までも空間化して、全感情・全意識を同一画面に描き出した」のだそうである。もしそうならば、このような文字で表現された稚拙な「空間的立体詩」ではなく、私はむしろ展覧会にデザイン画や絵画を見に行きたい。

  「詩とは、一体、何であるのか。」とまた思い悩まされる。

 平戸廉吉は明治26年大阪に生まれた。中学卒業後上京し上智大学に学んだが中退、その後、川路柳虹の曙光社に入社したが大正11年肺患のために不遇な生涯を閉じた。享年29歳であった。
                                      [ 2005.10.30記 ]


                    

                   想い出の詞藻 に移る。
                   想い出の音楽 に移る。
                   トップページ に戻る。