モダニスト -- 西 脇 順 三 郎

超自然主義・主知派の詩人



 最近の詩--いわゆる現代詩は、普通の人の目には読んでも意味が分からず何の詩的感興も湧かない。 昭和50年頃までは詩のブームが起こり、各種の詩集やら全集が大量に出版された。 しかしバブルの崩壊を期にして詩のブームは去り、詩集は大部分の書店の店頭から消え商業詩誌は殆ど休刊・廃刊状態になっている。

 その理由は、いわゆる現代詩人と言われる人たちが、詩から韻律と抒情性を意識的に排除し,感性でなく知性で詩を作れ、感ずる詩でなく考える詩を作れと唱え、やたら難しい詩を作り出したので、一般の詩愛好者が現代詩に愛想づかしをしたからだと私は考える。

 大正14年にヨーロッパへの留学から帰国した西脇順三郎は慶應義塾大学の教授となり英文学を講義する傍ら、抒情性を排しつつ客観的なイメージを組み合わせ、詩を主知的に構成しようとの考えの下に詩や詩論を発表し、モダニストとして、超自然主義・主知派詩作の先鋒にたった。
西脇によれば、詩からリアルな意味や象徴を排除し、詩におけるイメージの世界はある意味を表すのに使用されるものではないとのことだ。




                    天    気

              「覆(くつがえ)された宝石」のような朝
              何人か戸口にて誰かとささやく
              それは神の生誕の日
                            [Ambarvalia :昭和8年]


 作者によれば、この詩の意味を考えてはいけないのだそうだ。ただ「覆された宝石」とは、英国の詩人「キーツ」の詩集より引用したもので、だから括弧に入れたのだとか。エリートだけが本を読んだ18世ならいざしらず、誰もが文字を読める今頃、教養をひけらかしたようなこのスタイルは、私には納得できない。
 それにしても、この詩の表題はなぜ「天気」なのか、これは一体何を表しているのであろうか、何という神様が生まれたのだろうかと、凡人は考えたくなるものだ。
  



                   旅     人

              なんじカンシャクもちの旅人よ
                汝の糞は流れて ヒベルニヤの海
              北海 アトランチス 地中海を汚した
              汝は汝の村へ帰れ
              郷里の崖(がけ)を祝福せよ
              その裸の土は汝の夜明けだ
              あけびの実は汝の霊魂の如く
              夏中ぶらさがっている
                              [Ambarvalia]

 私はかなりいろいろな詩人の詩を読んだが、昭和5〜6年頃、詩の中に「糞」という言葉を詠み込んだ詩を、寡聞にして私は知らない。
 詩は芸術ではないのか。芸術であって欲しい。とすれば、詩の用語の中に使用を避けるべき言葉が有ると思う。このような猥雑な言葉を、イギリスに留学して英文学を研究した学者が使うなどと、考えたくもない。この状況はさながら、美しい華道の展示場に人間の排泄物を陳列することと同じではないのか。
 西脇によれば、彼の脳髄は諧謔、矛盾、イロニイ、パラドックスを要求するのだそうだ。それにしてもこの諧謔は度を超していると思う。




                   粘     土

               われわれはもう何も考えないのだ
               十月の初め三人の男が
               洋服を着て下総の
               湖水地方を歩いた
               トネ河とツクバを左にみて
               きのこのでる丘陵の原に巣くっている部落
               から部落とつたって
               アリストテレスの話をしながら
               歩いたのだ
               農家の庭をのぞいて道を
               きくと役所のあんちゃん
               だと思ったのか目を細くしてこわがった

               … … (5行略)

              それから生きのこったツユ草のコバルト色
              土人の染料を思わせる

               … … (9行略)

             「見よこの人を」空をみあげるとキンモクセイの黒い
             大木が老人のように立っている

               … … (以下略)
                             [近代の寓話 :昭和28年]


 この詩も単に情景を書き並べているだけで、題材はギリシャから筑波地方に変わっているものの詩のスタイルは昭和8年の詩も昭和28年の詩も、殆ど変わっていない。
 問題は、下線で示した助詞(および助動詞)の位置である。日本語では、助詞は文節の後に付く。散文ではいざ知らず、詩のように分かち書きをする場合、助詞は文節の後に付くべきで、これが文節の前に置かれる例は西脇の詩以前には見たこともない。
 特に気になるのは「農家の庭を…」のくだりで、普通であれば次のように分かち書きをするはずである。

               農家の庭をのぞいて道をきくと
               役所のあんちゃんだと思ったのか
               目を細くしてこわがった

 なぜ西脇が常識を外した分かち書きをしたのかその理由は分からないが、このことに触れている評論家がいないことも不思議な話だ。
 [見よこの人を」のくだりの分かち書きも、「黒い大木」を途中で分ける積極的な理由が、浅学である私には何としても思いつかない。

 この後、助詞を文頭に置く詩人が現れだしたが、彼らはきっと西脇のスタイルをまねたのだろう。




 西脇順三郎の門下生で、慶大英文科教授である鍵谷幸信は、「現代詩評釈」という本の中で西脇の詩を次のように評している。

    西脇順三郎がここ(Ambarvalia)では従来の日本詩の湿った叙情性を思い切り排除し、
    極めてドライな思考と態度をもって、新たな意匠をまとった抒情を歌い上げ、そうする
    べく詩の言語のスタイルを全く変質させたことである。
         (中略)
    特に順三郎が本詩集で試みた詩語の実験は、旧来の口当たりのいい文語調、雅文体とは
    異なるということ、過去の詩から見るとおよそ乱暴で粗野な言葉を故意に用いて、新し
    い詩の思考と情緒を生んだ。
    同時にそれは日本詩の言葉の完成と隔絶する言語機能をもった、したがって一つの異質
    な文脈を付け加えようとする果敢な企てであり、あえて詩の滅びることさえも恐れない
    純粋な詩精神の発露であったのである。

 西脇の企ては現代詩人に直接・間接に多大の影響を与えるところとなり、現代詩は言うところの叙情性を排除しているものばかりで、よく言えば難解、悪く言えば何を言っているのか分からない。考える手がかりすら、詩の中に見あたらないものもある。
 西脇自身、このような現代詩の推移を、どう見ていたのであろうか。

 昭和34年当時、佐藤春夫は朝日新聞に「現代詩はなぜ難解か」という文章を発表している。その概要を紹介する。

     私は自覚している。私はたまたま現代に生きているとはいえ、現代人ではない。私は
     早くも現代から取り残されている---まだ70歳にもならないで。時代は暴走し、私は
     順当に年取ったからである。しかし私は格別に努力を払って現代を追っかけようとも
     思わない。
     私も他の人々とともに現代詩を難解だと思う。その意図するところは分かっているつ
     もりにもかかわらず、現代詩はやはり難解である。若い人の詩作は、実のところ私に
     はわからない。そしてその責めは私にあるとして、私にわかるとわからないとを問わ
     ず、現代詩人の詩作を尊重して、もう少し気長に見るつもりである。
     よくわかる詩がいいわけでもなく、さればといってわからない詩がえらいわけでもあ
     るまい。
     高遠で幽韻のある詩もわかりにくいが、でたらめでナンセンスな詩もわかりにくいの
     だから、わからないものをえらいときめるのは、未開人だけである。

 昭和34年当時の現代詩を見て、佐藤は現代詩を難解と評し所感を以上のように述べているが、もし佐藤が平成の時代に存命であられたとすれば、その後の現代詩を見て「悶絶」されたのではないかと思う。

 事実、私自身はある種類の現代詩をみて、まさに「悶絶」寸前なのである。
 そして現代詩は、出版面から言えば、まさに滅びつつあるのである。
 (現代詩詩集や現代詩評論を求めるには、今や、古書店を探し歩かなければならないのだ。)


 西脇順三郎は昭和57年(1982年)に、生地の新潟県小千谷市で没した。享年88歳であった。
                                      [ 2006.5.15記 ]


                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に移る。
                  トップページ に戻る。