モ ダ ニ ス ト -- 村 野 四 郎

新即物主義の詩人




 村野四郎は、昭和14年、種々のスポーツを素材に「体操詩集」を発表した。この詩集は様々なモダニズム詩の中でも際だった位置を占め、その詩法においても新しい分野を開拓したと言われる。
 日本の近代詩はその根底に於いて常に作者の主観的感情あるいは自我を表すものである。村野はこのような詩観を全面的に否定して、「今日では詩人が、もはや本質としてヒステリイでなければならないという理由はどこにもない」と述べ、詩から湿った叙情性や詠嘆性を一切取り除こうとした。
 村野は事物を没感傷的に即物的にとらえ、事物の持つ客観的な形態の美を詩として表そうとした。従って、村野の詩はイメージによって構成され、乾いた知的な美しさを表現している。




                    体     操

                  僕には愛がない
                  僕は権力を持たぬ
                  白い襯衣(しゃつ)の中の個だ
                  僕は解体し、構成する
                  地平線が来て僕に交叉(まじは)る

                  僕は周囲を無視する
                  しかも外界は整列するのだ
                  僕の咽喉は笛だ
                  僕の命令は音だ

                  僕は柔らかい掌をひるがへし
                  深呼吸する
                  このとき
                  僕の形へ挿される一輪の薔薇

                          [ 体操詩集 ]


 さて、この詩を読んで直ちに村野の意味するところが判る人は、よほど該博な知識を持ち想像力が逞しいか、さもなくば病的な感受性を持つ人に違いない。村野自身、この体操詩集は全てが暗喩で書かれているのである、と述べている。
 暗喩の詩とは、簡単に言えば、判じ物の詩なのだ。素直に読んでも意味が分かるはずがない。

 この詩の解釈について「芳賀秀次郎著:体操詩集の世界(昭和58年刊)」から引用させていただく。

   僕には愛がない
        当時の詩誌「四季」などが持っていた湿潤な美学への抵抗であり、
        新即物主義の「事物に対する冷静な客観と没感情的な」立場の表
        白である。

   僕は権力を持たぬ
        政治的な権力を持たぬという意味と、表現主義や浪漫主義の不当
        に尊大な自我、個の疑わしい権威を持たないと言う意味である。

   白い襯衣(しゃつ)の中の個だ
       「僕は権力を持たぬ」「白い襯衣の中の個だ」と表現することで、
       人間中心の古いロマン主義の尊大な自我を拒否した即物主義の精
       神を表現した、と村野自身が述べている。
       なお、解説者芳賀はこの表現はこの詩の中の「最も美しい詩句で
       ある」と評している。

   僕は解体し、構成する
       人間の身体を非日常的に動かすこと(つまり体操)が「解体」で
       あり、その動作によって一つの美を作り出すことが「構成」である。

   地平線が来て僕に交叉る
       運動のある一瞬で、僕の身体の線が地平線と交叉するというよう
       な自我中心の表現をとらず
      「地平線が来る」と言っているところが即物的な表現だ。

   僕は周囲を無視する しかも外界は整列するのだ
       僕が周囲を無視して運動を続け白いシャツの中の個になればなる
       ほど、外界の事物や観衆は親愛を込めて整列し、僕を見守り続ける。

   僕の咽喉は笛だ  僕の命令は音だ
       自分の咽喉は、哀しみを述べたり、愛を歌ったりする湿潤のリリ
       シズムの発声機関ではなく風のように無意味な音を出す、非人情
       的な笛である。そこから発せられるものは意味ではなく、声です
       らなく機械的な音響である。

   僕の形へ挿される一輪の薔薇
       作者によれれば、この詩句は、深呼吸と共に頬を彩る充血の花を
       意味し、それを外部から、この全形態に挿された一輪のバラに見
       立てたものである、とのこと。





 以上の解釈をあなたはどのように読まれたか。得心がいっただろうか。
 私には、読んだ後もこの詩の意味に釈然としない点が少なくない。この詩について、芳賀秀次郎以外にも数名の人が評釈を行っているが、それぞれに解釈が分かれ、異なる評価が与えられてている。
 村野四郎は、昭和初期、これほどまでの極端な暗喩で詩を構成した最初の詩人といえるであろう。暗喩を多用する詩法は戦後詩において著しいが、村野はその先鞭を切った一人である。現代詩、特に戦後詩の難解性の原因の一つは暗喩の多用にあり、作者と読者の間のコミュニケーションの断絶はこの暗喩に起因する点が多い。

 詩人が自分のノートにどのような詩を記したとしても、それは詩人の自由である。しかし、自分の詩集を出版し、一般読者に読んでもらおうとするのであれば、自らの作品において詩作者は読者とのコミュニケーションを意識すべきであろう。

 ところが現代詩人は、分からないのは読者が不勉強であると言ってはばからない。現代は、感ずる詩ではなく考える詩の時代だ、というのである。自分たちがよく考えて作った詩であるから、読者も作者に劣らずよく考えろ、というのである。戦後、村野もこのことを声高に主張している。詩に素朴な感動を期待する一般人は愚かなのであろうか。

 面白い大衆小説が毎月何百点も出版される現在、現代詩人に見捨てられた一般大衆、学生や大部分の読書人は、考えなければ意味の分からない詩などを見向きもしない。一般人から見向きされなくなった詩集・詩誌は殆どの書店の店頭から消えてしまった。

 このように現在日本で詩は衰亡しつつあるが、それは叙情性を否定し感傷を侮蔑し、意識的に美しい日本語の表現を破壊した昭和初期から戦後にかけて詩壇に影響力を持ち続けたモダニスト詩人たちにも、その一半の責任があると私は思う。





 村野四郎は明治34年、東京北多摩に生まれた。昭和2年に慶應義塾を卒業、川路柳虹の「炬火」同人となって詩集「罠」を発表。後、ノイエザハリッヒカイト(新即物主義)文学運動を紹介した。第2詩集「体操詩集」は、その機知とイメージの美しさにおいて現代詩史上特筆すべき詩業だとして、詩壇での評価は高い。

 村野四郎は、昭和50年3月、東京で没する。享年73歳であった。
                                      [ 2006.7記 ]


                  

                 想い出の詩 に移る。
                 想い出の詞藻 に移る。
                 トップページ に戻る。