Margaritae Sorori

真珠姉妹

William Earnest Henley
  ウィリアム アーネスト ヘンリー



              A late lark twitters from the quiet skies;
              And from the west,
              Where the sun, his day's work ended,
              Lingers as in content,
              There falls on the old, grey city
              An influence luminous and serene,
               A shining peace.

              The smoke ascends
              In a rosy-and-golden haze.  The spires
              Shine, and are changed.  In the volley
              Shadows rise. The lark sings on.  The sun,
              Closing his benediction,
              Sinks, and the darkening air
              Thrills with a sense of the triumphant night
              Night with her train of stars
              And her great gift of sleep.

              So be my passing!
              My task accomplished and the long day done,
              My wages taken, and in my heart
              Some late lark singing,
              Let me be gathered to the quiet west,
              The sundown splendid and serene,
              Death.



                      真珠姉妹

              静かな空から夕ひばりの囀りが聞こえる。
              一日の仕事を終えた太陽が、
              満足したかのように足取りをゆるめる
              その西のかたから、
              古い灰色の街の上に
              夕焼けが安らかに降りそそぐ。
              ひかり満ちた平和。

              煙が昇る
              バラ色の輝く靄の中へと。
              山の頂はきらめき、やがて光を失う。
              谷間には陰が拡がる。夕ひばりが鳴き続ける。
              太陽は一日の祝福を終え、沈んでゆく。
              暮れなずむ空気は
              凱旋する夜を感じて震える。
              夜は星くずの群れと
              その大いなる贈り物である眠りを伴って。

              私が逝くときはこのようでありたい!
              私の仕事は成り長い日は終わった。
              私は酬われた。私の心の中に
              なにやら夕ひばりが鳴いている。
              私を招き寄せてほしい、静かな西のかたへ、
              安らかに輝く日没へ、
              死へ。
                               [ Tad 翻訳 ]




 この詩の前2段だけを読むと、静かな夕暮れの情景を描いた田園詩かと思うほど、穏やかな雰囲気に包まれる。

    暮色の中、灰色に暮れゆく街に降り注ぐ夕焼けの光条。西に沈む太陽の光が山の頂き
    に輝き、それもやがて暮れゆく。夜の帳が降りると、空一杯の星。そして静かな眠り。
    夕ひばりの囀りが聞こえる。

 太陽がその日の営みを終え、静かに西に沈む情景は、静穏と平和と安らぎ。自分の死もこのようでありたいと、この詩の3段目で作者 ウィリアム・アーネスト・ヘンリー は願うのだ。

 一生を振り返ってみて、私は仕事を成し遂げたか、私は酬われたかと自問する。失敗も多かった、恥ずかしいこともあった、だがそれなりに一生懸命に生きてきた。娘に先立たれた悲しさと悔しさは今も変わらないが。だが私は、そのような75年間の人生をあるがままに受け容れられるような気分になりつつある。
 私も、ヘンリーが願うような気持ちで死を迎えたいと望む。



 ウィリアム・アーネスト・ヘンリーの名は、日本では殆ど聞くことはない。インターネット上で検索しても日本のサイトでは全くヒットしなかった。しかし英語名で検索するとこの詩人、そしてこの詩は大変有名で、個人のブログにもその名を見ることが出来る。

 この詩の内容と、この詩の表題(真珠姉妹)は何の関係も見出せない。英国人も同様で、この詩の表題の意味の分かる人は知らせて欲しいと書いているホームページもあるほどだ。

 ある文献では想像であるがと前書きした上で、ヘンリーの唯一人の娘マーガレットが5歳のときに亡くなったので、「マーガレット姉妹の想い出のために」との意味でこの表題を付けたのではないかと書いている。「Sorori」 とは姉妹の意味であるが、一人娘をなぜ姉妹と呼んだのかは書いていなかった。

 ヘンリーは1849年に英国グロスターで生まれた。12歳の時結核性関節炎を患い、16歳になって左下肢を切断するという不幸な目に遭っている。彼は終生病と闘ったとのこと。家庭も貧しく、父の死に伴って学業も中断された。病院入院中彼は自由律詩を書き、後それが出版されて詩人としての評価を得たが、彼は主に新聞編集者として批評の分野で名を上げたという。1903年に没した。

                                      [ 2006.10記 ]

                        

                       
想い出の詩 に移る。
                       
想い出の詞藻 に移る。
                       
トップページ に戻る。