Upon His Departure Hence


この世を去るときに

Robert Herrick
ロバート ヘリック


 

             Thus I      かくして吾れ
             Pass by       この世を去り
              And die:     死にゆく。
              As one,      ひとりの、
             Unknown,     名もなき者として、
             And gone:     消えゆく
             I'm made     吾は
             A shade,      影となり、
             And laid      その身を
             I'th' grave:    墓に横たう。
             There have    そこに
             My cave;     吾が洞を得る。
             Where tell     吾れそこに
             I dwell,       住むと告げよ、
             Farewell.       さらば。
                                 (From Hebrides ・・・・ヘブリディーズより)




 ロバート・ヘリックは17世紀半ばの英国の聖職者であり詩人である。同じ頃にミルトンが「失楽園」を上梓し、ニュートンが万有引力を唱え、北米植民地が活発に開発された。

 どちらかというと新時代の到来を思わせる時代の中、ヘリックはケンブリッジ大学に学んだ後、英国国教教会の聖職者として終生を送った。しかし、ヘリックの名は聖職者としてよりは詩人として後生に名を残している。宗教詩も書いたが、趣のある叙情詩の分野で数多くの詩を著している。

 私は彼の詩を岩波文庫の「イギリス名詩選」(平井正穂編)で初めて知り、その後昭和43年にに研究社から出版された「ロバート・ヘリック研究」(井上正之助著)を古書店で購入し、いくつかの彼の詩を拾い読みした。

 その中に、英国詩でも珍しい「1行1詩脚(foot)」の詩を見つけた。この詩は叙情詩というよりは人生詩とでも呼ぶべきものだが、私がこの詩に惹かれたの内容ではなく、この詩のスタイルなのだ。

 英国の詩人は16世紀からフランス、イタリアあるいはローマ等から詩形を輸入し英語に適応させ、長い年月をかけての英語の洗練とともに、今日の英詩の地位を作り上げた。質と量の面において、英詩は世界で最高位にあるのではないだろうか。




 日本では明治30年に島崎藤村が「若菜集」を発表してから初めて近代詩の展開が始まるのだが、そのわずか10年後の明治40年には「口語自由詩」運動が始まり、日本語による詩形の研究・確立の動きは頓挫してしまった。詩形は詩の美しさを決める重要な要素の一つなのだが、日本の詩人は自らの手で詩から美しさを放棄してしまった。

 そればかりか、戦後に発表された詩人による詩は、感ずる詩ではなく「考える詩」が大部分を占め、一般人には読んでも意味がわからずさっぱり面白くないということで、日本詩壇は衰退の一路。 若い人たちが歌う歌の詩は、日本語と英語が入り交じる意味不明の言葉が大音響の音楽とともに耳 に飛び込んでくるばかり。
  詩形が整い、意味がまともに耳にはいる詩は、今では演歌の歌詞だけという時代になってしまった。



  ヘリックが様々な詩形で詩作したたように、日本の詩人たちが詩形を色々と試みながら雅趣に富んだ詩を研究し発表する期間がせめてあと50年あったら、今の日本の詩はもう少し変わっていたのではないだろう か。

                                [ 2007年11月記 ]


              

                  美しき花々 に移る。
                想い出の音楽 に移る。
                想い出の詞藻 に移る。
                プロローグ   に移る。
                トップページ に戻る。