ふるさとにて---田 中 冬 二




         
        ほしがれひをやくにほひがする
                ふるさとのさびしいひるめし時だ
               
               板屋根に
               石をのせた家々
               ほそぼそと ほしがれひをやくにほひがする
               ふるさとのさびしいひるめし時だ
            
               がらんとしたしろい街道を
               山の雪売りが ひとりあるいている
                                少年の日郷土越中にて
                                
(詩集「青い夜道」より)


 
この詩に解説はいらない。

        富山県越中地方の夏。今は見られなくなった板屋根の家から干物を焼く
        匂いが流れる。
        がらんとした街道には、立山の「雪の氷」を売る行商人が一人見えるだけ。
           -----古里の淋しい昼飯時の情景。

 田中冬二は、ありふれてはいるが選び抜いた言葉で、自然の情景を切り抜いて鮮明に描く。ここには比喩・象徴などの修辞はないが、読者の心に日本の慎ましやかな古里の詩情を投げかける。



                        障  子
 
                夜があけかかると
                暗い家の中に
                まづ白ばんでくる障子は
                なんといふなつかしいものであらう
                またなんといふうれしいものであらう
                しづかな夜あけの障子には
                神様がおいでになるといふ
                夜があけかかり
                暗い家の中に
                まづひとところから白馬の大雪渓のやうに
                しろばんでくる障子は
                なんといふうれしいものであらう
                           
    (詩集「青い夜道」より)


 今はもうなくなった日本の古い情景。初夏になると、雨戸を戸袋に入れたまま、障子だけで夜を過ごしたものだった。そのような初夏の明け方の光を、光という言葉を使わず、「白ばんでくる障子」と美しく鮮やかに表現している。
 日本人は朝日をあがめ朝日に手を合わせて祈った。そのような日本人の自然観・神秘感を、冬二は 「しづかな夜明けの障子には神様がおいでになるといふ」 と巧みに表現している。障子の白さを北アルプスの白馬にたとえる比喩も、ここではみずみずしい。
 白ばんでくる障子を久しぶりに見ることは、何と懐かしいことか。今朝も白ばんでくる障子を見ることができるのは何と嬉しいことか。冬二はここで、日本の古い風物に対する愛おしさと懐かしさを歌っているのであろう。



 田中冬二、本名「吉之助」は明治27年(1894)に福島で生まれた。後東京に移り、立教中学卒業後銀行に勤務し、山陰、関西、東京、信州と各地で銀行員生活を送った。彼が地方勤務を長く送ったことが彼の詩情に影響を与え、地方の自然のたたずまいを恰も写生のように、自らの詩の中で簡潔に、しかし鮮やかに描いている。彼の詩が俳句に擬せられるのもこの故である。
 彼は自らの言葉で自分の詩作態度を次のように述べている。

 「私は詩作上、言葉の制約にもっとも苦心する。制約こそは詩の最大要件の一つである。
 私が願うのは、高度な詩精神をもっともやさしい清新な言葉によって示すことである。」
 
 彼が詩作活動を開始した大正期後半から昭和初期にかけては口語自然主義的詩人が輩出した。彼らの詩は饒舌ではあるが猥雑、言葉の洗練には無頓着で、意識的に叙情性が放棄されている。この派の詩人に対するアンチテーゼとして主知派詩人が現れた。彼らの詩は知性的で猥雑な表現はないが、彼らにあっても詩の叙情性はやはり否定されている。

 そのような時代背景の中、田中冬二の詩は、古風な日本の情緒と情景を簡潔でしかも的確な表現で歌っている。彼の詩は、制約して選び抜かれた言葉で切り詰めて表現しているので、単に事物の写生にとどまっているかのように見えるが、繰り返しこれらの詩を読むと、冬二の描こうとした心象風景が次第に脳裏に映し出され、やがて抑制された清新な叙情を感ずるようになる。

 この時期の詩人群の中で、私が安心してその詩作を鑑賞できる数少ない詩人の一人、それが「田中冬二」なのである。

 田中冬二は昭和55年(1980)に没した。享年86歳であった。

                               
[ 2008年5月記 ]

                       

                       美しい花々  に移る
                       想い出の音楽 に移る。
                       想い出の詞藻 に移る。
                       プロローグ   に移る。
                       トップページ に戻る。