抒情を模索して − 三 好 達 治


               甃(いし) の う へ


            あはれ花びらながれ
            をみなごに花びらながれ
            おみなごしめやかに語らひあゆみ
            うららかの跫音(あしおと)空に流れ
            おりふしに瞳をあげて
            翳(かげ)りなき寺の春をすぎゆくなり
            み寺の甍(いらか)みどりにうるほひ
            廂(ひさし)に
            風鐸(ふうたく)のすがたしづかなれば
            ひとりなる
            わが身の影をあゆまする甃(いし)のうへ
                              
                              
(詩集「測量船」より)



            ああ、花びらが風に吹かれて流れる
            娘さん達の上に、花びらが流れる
            娘さん達は静かに語りながら歩く
            うららかな足音は空に流れてゆくかのよう
            折々に瞳をあげながら
            春の光に照り映えるお寺のほとりを過ぎて行く
            お寺の屋根は緑なす木々に囲まれ
            お寺の廂(ひさし)には
            風鐸(ふうたく)が静かにつり下げられている
            私は一人で
            私の影をお寺の甃(いしだたみ)の上に歩かせよう
                           
                                   
(Tad翻案)



      春、緑に囲まれたある寺のたたずまい。娘達が静かに語らいながら歩いて
       過ぎてゆく。
       私は一人で石畳の上を歩く。

 何とも静かな、俳句的な写生の情景である。青年の孤独の思いが美しく表現された素晴らしい抒情詩である。

 この詩で用いられている動詞は、一カ所を除いてすべて連用形である。文体は文語体、用語も通常使われない漢字が使用されている。作者である三好達治は、伽藍 (がらん)の荘重さを背景として、風に吹かれる花びらの下を語らい歩く娘達を空間的・流動的に表現し、これと対比させて自身の存在を影で表して、青春の孤独感を 視覚的に詠っている。




                    旅    人

               ひとたび経て 再びは来ない野中の道
               踏切を越えて 菜の畑 麦の畑
               丘の上の小学校で 鐘が鳴る
               鳩が飛び立つ
                         (詩集「南窗集」より)


 「旅人」の四行詩については、何の説明も不要であろう。まさに情景描写であるが、旅人の感慨を通して、達治は何を語ろうとしたのか。


                  頬     白

         日が暮れる この岐路(わかれみち)を 橇は発(た)った。
         立場(たてば)の裏に頬白が 啼いている 歌っている
         影が増す 雪の上に それは啼いている 歌っている
         枯れ木の枝に ああそれは灯っている 一つの歌 一つの命
                             (詩集「濶ヤ集」より)
                                    
 

 
この四行詩で、達治は前の「旅人」よりも自分の情操を強く詠っているように思える。

    夕暮れ時、橇に乗って出発する旅人。立場(たてば:街道の休息所)の裏では
    頬白が、次第に薄暗くなる雪の上で啼いている。歌っている。
    その歌は、枯れ木に灯っているランプのような、寂しい一つの生命。

 この詩の中で、達治は「旅人」や「頬白」に仮託して自分自身を表現しているのかもしれない。とすれば、この四行詩は作者自身の何らかの離別を悲しむ、とても侘びしい抒情詩なのであろう。



 三好達治は明治33年、大阪市で生まれた。昭和3年に東京大学文学部仏文科を卒業後直ちに文筆活動に入り、しばらく翻訳に専念した。昭和9年に第一詩集「測量船」を刊行して以来、その詩作は昭和37年まで続いた。
 後年、達治は「新しい詩歌の可能性を、貧しい私の才文なりに、力をつくして模索し続けた。」と語っているが、その詩作は散文詩、四行詩、口語体、文語体と様々な形式に及んでいる。

 膨大な数の詩作の後を追うことは、とても私の力の及ぶところではない。ただ、達治の詩を読んで感じられることは、昭和の戦前・戦後の時期を通じ一貫して抒情詩を、どちらかと言えば控えめに、しかも音韻的な美しさを求めつつ、彼なりの新しい抒情詩を模索したことである。

 [考える詩」が本流となった最近の詩壇では、達治の跡を継ぐ抒情詩人はもはや現れないのではないだろうか。

  
昭和39年(1964年)、三好達治は東京で独居の内に没した。享年64歳であった。

                                  [2008年8月記]

                   


                  想い出の詞藻 に移る。
                  私の音楽ノート  に移る。
                  プロローグ   に移る。
                  トップページ に戻る。