-


It is not growing like a tree

大樹のようになるのではなく

Ben Jonson
 ベン・ジョンソン


                 It is not growing like a tree
                 In bulk, doth make Man better be:
              Or standing long an oak, three hundred year,
             To fall a log at last, dry, bald, and sear:
                A lily of a day
                Is fairer far in May,
                Although it fall and die that night ---
                It was the plant and flower of Light.
             In small proportions we just beauties see:
             And in short measures life may perfect be.

         【From  "To the Immortal Memory and Friendship of that Noble Pair,
                 Sir Lucius Cary and Sir Henry Morison"



              大樹のようになるのではなく

                ベン・ジョンンソン


                 優れた人になることは
                 大樹のようになることではない。
            あるいはまた、300年も立ちつづけた樫の木が
            やがて倒れて乾き、皮が剥がれ、枯れることでもない。
                 5月に一日だけ咲く百合のほうが
                 遙かに美しい。
                 その夜に花びらは落ち命は絶えても
                 それは光に満ちた草花なのだ。
            小さな形の中に我々は美を観る:
            短い生涯の中にこそ生命は完全であるのだ。
                              
                         高貴なる両人
                           ルシアス・ケァリ卿と
                             ヘンリ・モリソン卿への
                               永久の友情と追憶に捧げる


 
これは私が好きな詩の一つであるのだが、その意味するところはいまだによく理解できない。
 
この詩はベン・ジョンソンがSir Lucius Cary と Sir Henry Morrison の霊と友情に対して捧げた全128行からなる献呈詩の一部である。全体としてきわめて難解な詩ではあるが、この部分は文体が容易で美しいせいか、色々な詩の解説書によく紹介されている。ただ、この詩をどのように解釈してよいのか、どの解説書も深くは触れていない。
 
         優れた人生とは、樫の木のように堅固で300年もの長きにわたって
         立ち続けることではない。
         5月の光の下で、1日だけ花を開き散り去る百合のように、なりふり
         の小さいものにも美があり、短い命のなかに全き人生を送る人もある
         のだ。

 ジョンソンは、人生は華やかに短く生きよと説くのか、あるいは短くとも充実した人生はあると説くのか。この詩が既に亡き人々への献呈詩であるので、恐らく後者の意味であろうと思うのだが、確信は持てない。ご存じの方は是非お教え頂きたいと願う。

                         [2008年11月記]

                     


                    想い出の詩   に移る。
                    想い出の詞藻 に移る。
                    私の音楽ノート  に移る。
                    プロローグ   に移る。
                    トップページ に戻る。