The Rainbow

William Wordsworth

My heart leaps up when I behold
   A rainbow in the sky :
So was it when my life began,
So is it now I am a man
So be it when I shall grow old
   Or let me die!
The Child is father of the Man :
And I could wish my days to be
Bound each to each by natural piety.


ウィリアム・ワーズワース
わが心は弾む 空に
   虹がかかるのを見るとき
われ幼子の頃も そうであった
われ大人の今も そうである 
われ老いたときも そうでありたい
    さもなくばわれに死を!
子供は大人の父
われ生きる日々が 願わくば
自然への畏れで結ばれんことを。
               
 [Tad 翻案]
 旧制高校一年生の頃この詩を読んで、私は大変感動した。たぶん青年の純粋な気持ちを大人になっても持ち続けたいと望んだのであろう。同時に、この詩はワーズワースの自然崇拝の念が詠われているとも考えていた。だが実は、「神の人間にたいする契約という複雑な宗教的な象徴が存在する」のだと平井正穂氏は解説する。(イギリス名詩選:岩波文庫より)
 
 それは兎も角、私はこの詩から「Natural piety」と言う単語を学んだ。その30年後、私がオーストラリアで仕事をしているときに、あるパーティに招待された。そこで話題が日本人の宗教観に及んだときに、私は「日本人は多様な宗教観を持つが、中でも自然崇拝が根本にあるように思う」と述べた。その際に「自然崇拝:Natural Piety」という単語を使ったところ、現地の人から「よくもそんな難しい単語を知っているな」と感心されて、鼻高々となったことを覚えている。

 それから更に30年過ぎた今この詩を読み返しながら、青年期、壮年期、そして老年期の自分の心情の移り変わりをあらためて感じ、自らに問い返す。

 「青年期の純粋さを、自分は今も持ち続けているか」と。
                                  [2009年2月記]
               
                      

                    想い出の詞藻 に移る。 
                    美しき花々 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    私の音楽ノート に移る。
                    プロローグ に移る。
                    トップページ に戻る。