死 の 淵 よ り
                      (詩集)

                 高 見  順


ー 死者の爪 

つめたい煉瓦の上に
蔦がのびる
夜の底に
時間が重くつもり
死者の爪がのびる
   

 小説家「高見順」は、昭和16年34歳の時に、創作用ノートの余白に「35歳の詩人」を密かに書いたのが詩作の始めであったという。太平洋戦争が始まった年の事だ。

 戦後、高見は堰を切ったように小説を書き始めたが、それがたたってか、昭和25年に胃潰瘍や肺結核にかかり入院した。この後、彼の詩作活動が再び始まり、彼の第一詩集「樹木派」が発行された。(この詩集についてはここでは取り上げない。)退院後、紆余曲折はあったものの、高見の旺盛な小説創作活動は続いた。

 昭和38年、高見は56歳の時に食道癌が発見され入院して手術を受けた。退院の8ヶ月の後、再度食道癌が見つかり、また入院する事となる。この8ヶ月の間、高見は小説創作活動を全く中止し、苦しい気力の中で書き得た詩を詩集「死の淵より」として発表した。

 この詩集「死の淵より」の冒頭に掲げられている詩が、上記の「死者の爪」である。

 医師から癌の宣告を受け、高見は暗澹とした気持ちで「死」を見つめる。56歳という年齢の者にとって「死」はまだ先の話であるはずだ。突然、死の爪が蔦のように、自分の身の上にのびてくる。「死」は避けられないかもしれないが、まだ受け入れがたいとする気持ちが、高見の心の中で重苦しく葛藤している。



   ー 青春の健在 

電車が川崎駅にとまる
さわやかな朝の光のふりそそぐホームに
電車からどっと客が降りる
十月の
朝のラッシュアワー
ここで降りて学校へ行く中学生や
職場へ出勤する人でいっぱいだ
むんむんと活気であふれている
私はこのまま乗って病院に入るのだ
ホームを急ぐ中学生たちはかつての私のように
昔ながらのかばんを肩からかけている
私の中学時代を見るおもいだ
私はこの川崎のコロンビア工場に
学校を出たてに一時つとめたことがある
私の若い日の姿がなつかしくよみがえる
ホームを行く眠そうな青年たちよ
君らはかつての私だ
私の青春そのままの若者たちよ
私の青春がいまホームにあふれているのだ
私は君らに手をさしのべて握手したくなった
なつかしさだけではない
遅刻すまいとブリッジを駆けのぼって行く
若い労働者たちよ
さようなら
君たちとはもう二度と会えないだろう
私は病院へガンの手術を受けに行くのだ
こうした朝 君たちに会えたことはうれしい
見知らぬ君たちだが
君たちが元気なのがとてもうれしい
青春はいつも健在なのだ
さようなら
青春よ
青春は何時も元気だ
さようなら
私の青春よ



 8ヶ月の間、高見は「死」について煩悶を続けた。だが二度目の入院の頃には、自分の「死」について真正面からそれを受け入れる心境になっていた。それは宗教的な解脱ではなく、諦めでもない。
 その一つは「青春の健在」に歌われているように、「死」を通じて生命が若い世代に受け継がれて行くことでこの世界が豊かになると信じた事、換言すれば「死」をすらも「青春賛歌」として捉えた事だ。

 他の一つは、高見自身の生涯への自信と満足感だ。この詩集にある「おれの食道に」という詩の最後の一節に、高見の死生観の変化を読み取ることが出来る。

          庭の樹木を見よ 松は松
          桜は桜であるようにおれは生きてきたのだ
          おれ以外のものとして生きられはしなかったのだ
          おれなりに生きてきたおれは
          樹木に嫌悪感がないように
          おれはおれなりに死んで行くことに満足する
          おれはおれに言おう おまえはおまえとしてしっかり
            よく生きてきた
          安らかにおまえは眼をつぶるがよい

 高見が自らの「死」に可能な限り冷静に接触し「死」という深淵を覗いつつ導き出した厳しくも逞しい死生観に、私は畏敬の念を表する。
 又、高見の詩が、ことさらの暗喩もなく平明な文体で書かれている事も強調したい。彼の詩に解説はいらない。その一行一行が読む者の心に突き刺さるのだ。

 昭和40年8月、高見順は鎌倉で没した。享年58歳であった。
                                [2009年6月記]


                     

                   想い出の詞藻 に移る
                   美しき花々 に移る。
                   想い出の音楽 に移る                        
                   私の音楽ノート  に移る。
                   プロローグ   に移る。
                   トップページ に戻る。