Winter Song
(冬の歌)

パーシー・ビッシュ・シェリー
Percy Bysshe Shelley

                    




        A widow bird sate mourning for her love
        Upon a wintry bough;
        The frozen wind crept on above,
        The freezing stream below.



        There was no leaf upon the forest bare,
        No flower upon the ground,
        And little motion in the air
        Except the mill wheel's sound.


              【劇詩:CharlesT】 より





                  やもめ鳥が 冬空の中 枯れ枝に留まって
                  亡きつれあいを 悼んで 啼いている
                  頭上を 凍った風が 吹き過ぎ
                  足下を 川が寒々と 流れる


                  裸の森には 一枚の葉も なく
                  地上には 一輪の花も ない
                  空には 動くものが まれ
                  ただ水車の きしる音が 聞こえるだけ

                              【Tad 翻訳】


 冬は、生あるものすべてが活動を萎縮する時期である。だが、暖冬が当たり前になり、家庭内の暖房が行き渡った昨今では、冬の厳しさを身体の芯まで感ずることはあまりなくなってしまった。

 昭和22年の冬、初めて経験した富山の冬の厳しさを今も忘れることはできない。旧制富山高等学校の学生寮は神通川で隔てられた、学校の対岸にあった。朝7時半頃、真正面にある立山連峰に向かって、神通川にかかる約500メートルの萩浦橋を渡るとき、左手に当たる方向から日本海を越えて吹き付ける北風にさらされて、身も心も凍り付く思いだった。学校に入っても暖房などはない。

 教室の中でマントを着たまま授業を受けるのを、先生も黙認状態であった。寮に帰っても、手あぶりの火鉢以外には全く暖房がなかった。近くに銭湯はなく、寝床に入るまで身体は冷え切ったままであった。
 当時の北陸の冬は、骨の髄まで氷つくような、実に厳しい冬であった。

 シェリーは、酷寒の厳しさを、人間の存在感を排した中、墨絵の世界で表現した。
        鳥、風、川、そして裸の大地。
 寂寞とした極寒の自然をわずか8行の詩で描出している。それは、宮本武蔵が、上図に示すように1本の枝に留まる百舌鳥を描いて、蕭条とした冬景色を描出しているのと同じだといえるのではないか。どうか、シリーの詩と武蔵の絵を見比べて、極寒の冬景色を想起していただきたい。

 そして シェリーが ”Ode to the West Wind" という詩の中で詠んだ
         
               ”冬来たりなば、春遠からじ”
           "If Winter comes, can Spring be far behind?"

 という言葉もお忘れなきよう。



  パーシー・ビッシ・シェリー。1792年に英国の名門の長男に生まれ、1822年、イタリアでヨットを漕艇中、遭難して溺死した。
 18歳でオックスフォード大学に入学したが、在学中に政治的な論文を発行したことで放校になった。波乱に満ちた生涯であったが、基本的には熱烈な理想主義者の抒情詩人であったといわれる。

                          【2009.11.23 :Tad 記】

                           
                        想い出の詞藻 へ戻る
 想い出の詩   へ移る
 トップページ   へ移る