I am
( 吾 は 在 る )

ジョン ・ クレア
John  Clare

            I am : yet what I am none cares nor knows,
              My friends forsake me like a memory lost;
           I am the self-consumer of my woes,
             They rise and vanish in oblivious host,
           Like shades in love and death's oblivion lost;
             And yet Iam, and live with shadows tost.

           Into the nothingness of scorn and noise,
             Into the living sea of waking dreams,
           Where there is neither sense of life nor joys,
             But the vast shipwreck of my life's esteems;
           And e'en the dearest --- that I loved the best ---
             Are strange --- nay, rather stranger than the rest.

           I long for scenes where man has never trod,
             A place where woman never smiled or wept;
           There to abide with my Creator, God,
             And sleep as I in childhood sweetly slept;
           Untroubling and untroubled where Ilie,
             The grass below --- above the vaulted sky.



           吾は在る、 だが誰も 吾が在ることに 無関心だ、 
              吾が友は 忘れたかのように 吾を見捨てた、
           吾は 吾が悲しみで 自らの命を縮める。
              悲しみは現れ 群れをなして忘却へと 消え行く
           忘れ去った 愛する者や死者の 陰のように。 
              だが吾は在る、投げ捨てた 陰と共に。

           軽蔑と騒音の 無いところへ,
               白昼夢の 生きている海へと。
           そこは生命の はた喜楽の 徴(しるし)もなく
              吾が生涯の 破滅した栄誉が 荒茫として在る
           そこでは最も親愛なる人 ----吾が最愛の人も
              よそよそしい  いや 他人よりもよそよそしいのだ。

           吾は 男が未踏の地に 行きたい
               そこは 女の微笑も涙も 無いところ
           そこで 吾が創造主たる神と共に 住まわせ給え
              そこで 幼子の如く安らかに 眠らせ給え
           吾が眠るところ 誰にも迷惑を掛けず 迷惑も受けず
              草をしとねに 頭上には蒼穹を。
                                       [翻訳:Tad ]


 なんと暗い詩か。矛盾に満ちた詩か。周囲との関わりを捨てるのか、捨てたのか。

 友すら認めてくれない自己の存在。悲しみは現れ消えて行く。その悲しみを捨てることも出来ずに。破滅した自己の生涯の中、誰とも関わりを持たず、白昼夢を見るように、独りで生きたい。

 誰も足を踏み入れたことのない土地で、神と共に生き眠りたい。人を煩うことなく草の上で天を仰ぎながら。

 
                  [ 2009.12.31 Tad ]
    

   

   想い出の詞藻 に移る。
  想い出の音楽 に移る。
  美しき花々 に移る。
  私の音楽ノート  に移る。
  プロローグ に移る。
  トップページ に戻る。