The Death of the Old Year
( 旧き逝く年に )

アルフレッド ・テニソン
Alfred Tennyson

              Full knee-deep lies the winter snow,
              And the winter winds are wearily sighing:
              Toll ye the church bells sad and slow,
             And tread softly and speak low,
             For the old year lies a-dying.
                Old year you must not die;
                You came us so readily,
                You lived with us so steadily,
                Old year you shall not die.


            冬の雪は 膝までも 深く
            冬の風は 悲しくも 息を漏らす
            鳴れよ 教会の鐘 悲しく緩やかに
            そして 静かに歩め 声低く語れ
            旧き年は いま 逝こうとしている
                旧き年よ あなたは 死んではならぬ
               あなたは 疾く 来たった
               あなたは 固く吾々と 生きてきた
               旧き年よ 私はあなたを 死なせはしない

                 
           He lieth still: he doth not move:
           He will not see the dawn of day.
           He hath no other life above.
           He gave me a friend and true truelove
           And the new year will take 'em away.
              Old year you must not go;
              So long you have been with us,
              Such joy as you have been with us,
              Old year, you shall not go.

                 
           彼は静かに 横たわり 動かない
           彼は 夜明けを 見ることはないだろう
           彼は この先 生きることはない
           彼は 私に 友と愛する人をくれた
             そして新年は それらを 取り去ってしまうのか
             旧き年よ あなたは 去ってはならぬ
             かくも永く あなたは 我らと共に生きた
             何という喜び あなたが 我らと共にあったことは
             旧き年よ 私はあなたを 逝かせはしない


              
                ≪ 途中省略 ≫


                   
           How hard he breathes! over the snow
           I heard just now the crowing cock.
          The shadows flicker to and fro;
          The cricket chirps; the light burns low:
          ’Tis nearly twelve o'clock.
             Shake hands, before you die.
             Old year, we'll dearly rue for you:
             What is it we can do for you?
             Speak out before you die.

                  
          何という 彼の息苦しさよ 雪の上で
          たった今 雄鶏の 鳴き声が聞こえた
          物影が あちこちと 動く
          蟋蟀が鳴く 炎が 低く燃える
          時は 今 12時に近い
             握手をしよう あなたが 逝く前に
             旧き年よ 我らは あなたを悼む
             あなたに 我らの 出来ることはあるか
             あなたが 逝く前に 告げよ


          His face is growing sharp and thin,
          Alack! our friend is gone,
          Close up his eyes: tie up his chin:
          Step from the corpse and let him in
          That stands there alone
           And waiteth at the door.
           There's a new foot on the floor, my friend,
           And a new face at the door, my friend,
           A new face at the door.
 

          彼の顔は 険しく やせて
          ああ 我らの友は 逝った
          彼の 目を閉じよ 顎を結べ
          亡骸から 離れて 人を入れよ
          そこに 一人で 立つ人を
          そして 扉のそばに 待つその人を
             新しき歩みが 床の上にある、我が友よ
             新しき顔が 扉の前にある、我が友よ
             新しき顔が 扉の前に ある
                             [翻訳:Tad]




 テニソンの詩の中でもこの詩はかなり有名の様で、この詩の英語タイトルをグーグルで検索すると約9万件がヒットする。それはちょうど 「行く年来る年」 といった感じで英米人に受け入れられているのであろうか。

 だが私にとって、この詩は単なる年末行事を詠った詩としては感じられない。

 人生の終焉期を迎えた人が、自分の来し方を振り返り、永かった自分の人生を慈しみ、関わりのあった人々との別れを惜しみ、なろう事ならその人生のさらにさらに永からん事を希求する。
だが、やがて人は逝く。その時扉のそばに「新しき顔」が立っている、その人を迎えよ・・・

 一体、「新しき顔」とは何だろう。

 それは、その人の終焉と、その人に取って代わるだろう新しい人の出現を意味するのか。あるいは、自分の来し方にこだわらず、これから先の人生を、それが短くとも新しい気持ちで迎えようとの意味であるのか。

 2009年12月31日午後、83歳になる「クルト・マズア」がNHK交響楽団を指揮して演奏するベートーベンの第9交響曲を聞いていると、何かしら元気づけられた。私は今年で81歳になるが、これからも元気で頑張ることにしよう。
                              [ 2009.12.31 Tad ]

                   

                   想い出の詞藻 に移る。
                  想い出の音楽 に移る。
                  美しき花々 に移る。
                  私の音楽ノート  に移る。
                  プロローグ に移る。
                  トップページ に戻る。