When I am dead
( 私が死んだら )

クリスティナ・ロセッティ
Cristina Rosetti
                        K君へ

                 −−逝きし友を悼んで−−


                 When I am dead, my dearest,
                 Sing no sad songs for me:
                 Plant thou no roses at my head,
                 Nor Shady cypress tree:
                 Be the green grass above me,
                 With showers and dewdrops wet;
                 And if thou wilt, remeber,
                 And if thou wilt, forget.

                 I shall not see the shadows,
                 I shall not feel the rain;
                 I shall not hear the nightingale
                 Sing on, as if in pain;
                 And dreaming through the twilight
                 That doth not rise nor set;
                 Haply I may remember,
                 And haply may forget.


                 私が死んだら、愛しい人よ
                 悲しい歌を歌わないで:
                 頭のまわりに薔薇を植えないで
                 糸杉の陰もいらない:
                 雨と露に濡れた
                 緑の草に蔽われたい:
                 そして望むのなら、私を想い出して、
                 そして望むのなら、私を忘れて。

                 私には影も見えなくなる、
                 私には雨も感じられなくなる;
                 痛みに啼くかのような
                 夜啼鳥の啼き声も聞こえなくなる;
                 夜明けも夕暮れもない薄明の中で
                 夢を見続けながら;
                 あなたを想い出すかもしれない、
                 そして、忘れるかもしれない。
                            [ Tad:翻訳]




 先日、私は60年来の学友K君に、突然、先立たれた。彼とは旧制富山高等学校の同学年生で、僅か3年の学生時代の付き合いにしか過ぎなかったが、寮生活を通じて心を許しあう中であった。

 高等学校卒業後、彼は京都大学へ進み社会学を専攻、私は大阪大学で経済数学を学んだのだが、この頃から約40年間、われわれ二人は全く再会することはなかった。

 われわれが定年を迎えた頃から、K君を含む関西にいる同学年生4名が毎月1回集まって昼食会を開くことになり、それ以来、昼食会でその時々の時事問題、K君の研究テーマである社会学の最近の動静、文学好きの友人からは彼の小説のプロットの発表、私は最近夢中になっている日本近代詩の研究報告など、様々なテーマで議論するのが楽しみであった。

 今年の8月、K君から持病の糖尿病治療のため1〜2週間入院すると連絡があった。われわれは、彼の早期退院を信じていた矢先、彼のご子息から連絡があり、K君は9月に入院、10月に退院して帰宅した3時間後、突然死去したという。そんな馬鹿な、私は驚きの余り声も出なかった。やがて悲しみが襲い、身を切られる思いに堪えられなかった。

 ご子息に拠れば、K君は遺書を残して入院していたとのことで、あるいは万が一の事態を想定していたのだろう。その遺書によれば「万が一の場合には家族のみにて直葬、弔問や香典は辞退のこと」との遺志で、死去連絡先は、われわれ仲間以外には、社会学研究者ほか数名であったという。
 K君は別の機会に「80歳の声と共に、生の終息の間近さを体感しています。」とも書いていた。

 K君は一人で静かにこの世に別れを告げる覚悟をしていたのであろうか。彼の心中を思いはかっている間に、私はクリスティナ・ロセッティの「私が死んだら」という詩を思い出した。

 K君。君は、我らに泣かないでくれと言うのか。自分のことを想い出しても忘れてもよいと言うのか。自分は茫漠とした夢の中、もはや現世に執着しないというのか。

 K君、僕は君を忘れることは出来ない。今も君を思い出すと、離別の悲しさに心が震える。大声で君を呼び戻したくなる。ああ、60年前、われらが共に肩を組みながら寮歌を歌ったあの青年時代の覇気を今も忘れることが出来ない。

        間もなく僕らもこの世を去る。その時、君は忘れずに僕らを迎えてくれ。
                   それまで、さようなら。
                                    [2010.10.20 記]

   

   

   想い出の詞藻 に移る。
  私の音楽ノート に移る。
  美しき花々 に移る。
  青島物語 に移る。
  プロローグ に移る。
  トップページ に戻る。