The Old Familiar Faces
( 古く親しい顔 )

チャールズ・ラム
Charles Lamb
                 

             I have had playmates, I have had companions
             In my days of childhood, in my joyful school-days;
             All, all are gone, the old familiar faces.

             I have been laughing, I have been carousing,
             Drinking late, sitting late, with my bosom cronies;
             All, all are gone, the old familiar faces.
             
             I loved a Love once, fairest among women:
             Closed are her doors one me, I must not see her---
             All, all are gone, the old familiar faces.

             I have a friend, a kinder friend has no man:
             Like an ingrate, I left my friend abruptly;
             Left him, to muse on the old familiar faces.

             Ghost-like I paced round the haunts of my childhood,
             Earth seem'd a desert I was bound to traverse,
             Seeking to find the old familiar faces.

             Friend of my bosom, thou more than a brother,
             Why wert not thou born in my farther's dwelling?
             So might we talk of the old familiar faces.

             How some they have died, some they have left me,
             And some are taken from me; all are departed,
             All, all are gone, the old familiar faces.


             私にはかつて 遊び友達がいた, 仲間もいた
             幼子の頃、楽しい学校時代の頃;
             皆が、皆が消えてしまった、あの古く親しい顔が。

             笑いもした、大騒ぎもした、
             遅くまで飲み、遅くまで起きていた、あの仲間達と;
             皆が、皆が消えてしまった、あの古く親しい顔が。

             恋したこともあった、とても綺麗な彼女だった;
             彼女の扉は閉じられて、会うことを許されなかった---
             皆が、皆が消えてしまった、あの古く親しい顔が。

             仲の良かった一人の友、とても親切だった友、
             恩知らずにも、突然私は 彼と別れた。
             彼と分かれて、あの古く親しい顔を 思い浮かべる。 

             幽霊の如く 私は幼い頃の遊び場を うろついた、
             地球は砂漠のようで あの古く親しい顔を 探すには
             遙々と 歩き回らねば ならない。

             心の友よ、君とは兄弟以上だ、
             何故君は わが父親の家に 生まれなかったのか?
             もしそうなら、古く親しい顔を 語り合えたのに。

             友のある者は死に、ある者は 去っていった、
             ある者とは 仲を引き裂かれた;皆分かれてしまった、
             皆が、皆が消えてしまった、あの古く親しい顔が。

                                 [ Tad:翻訳]



 この詩を私が知ったのは今から20年前である。

 その20年前頃、私の親しき友8人は、当時現職から退いてはいたものの、みな健康でそれぞれに活動的、毎年一回、当番幹事が指定する場所に集合して酒を酌み交わし、久闊を叙し、歓談しながら一夜を送り、翌日はその付近の名所・旧跡を訪ねるのが慣わしであった。そして翌年に再会できることを当然として、それぞれが帰途についたのであった。この8人は、昭和22年から昭和25年まで、戦後の苦しい経済状況の中、旧制富山高等学校の最後の学生として、寮生活を共にしてきた仲間であり、それぞれに ”あの古く親しい顔” であった。

 20年前にこの詩を読んだとき、この詩の情景は当時の私にとっては遙か先のことと思われ、この詩も私の脳裏から永らく消えていた。

 だがある年、仲間の一人がこの世を去った。又暫くして、更に一人の友がこの世を去った。そして昨年には、二人の友と幽冥境を異にすることとなってしまった。その年の11月、残された4人が集まって恒の如く一夜を共にしたのだが、誰の心にも、口には出して言えない淋しさがあったに違いない。

 今チャールズ・ラムのこの詩を前にして、しみじみと ”あの消えてしまった、古く親しい顔” を思い浮かべるのだ。どこへ行っても、どれほど歩き回っても、もう会うことの出来ない ”あの古く親しい顔“ を思い浮かべるのだ。



 チャールズ・ラム(Charles Lamb)はコウルリッジやワーズワースの親友であり、東インドが会社に勤務していたが、51歳で退職、それから文筆生活に入った。作品としてはエリア随筆(Essay on Elia)が有名であるが、旧制高校ではこのエリア随筆を教科書として学んだ文科学生が少なくないはずである。
 ラムは1834年に58歳で没した。
                                     [2011.1月 記]


   

   想い出の詞藻 に移る。
  私の音楽ノート に移る。
  美しき花々 に移る。
  青島物語 に移る。
  プロローグ に移る。
  トップページ に戻る。