To Daffodils
 ( 水 仙 に)
 --- 逝きし我が弟に ---

 ロバート・ヘリック
 Robert Herrick
                 

                  Fair Doffodils, we weep to see
                     you haste away so soon:
                  As yet the early-rising Sun
                     Has not attain'd his noon.
                       Stay, stay,
                     Until the hasting day
                         Has run
                     But to the even-song:
                  And, having pray'd together, we
                     will go with you along.

                  We have short time to stay, as you,
                     We have as short a Spring;
                  As quick a growth to meet decay
                     As you, or anything.
                       We die,
                     As your hours do, and dry
                       Away
                     Like to the Summer's rain;
                  Or as the pearls of morning's dew,
                     Ne'er to be found again.



                美しい水仙よ、僕は 涙する
                   君が これほど早く 過ぎ去るのを:
                早起きの太陽は まだ
                   天頂に 達していない というのに。
                      待て 待てよ。
                   急ぎ足の 太陽が
                      歩みをとめて
                   夜の祈りを 捧げる時まで。
                そして 一緒に祈りを 捧げたら、 僕は
                   君と 一緒に 行くから。

                僕もまた 君と同じく ゆっくり待てないのだ、
                   短い 春の日のように;
                育って そして すぐ枯れて行く
                   君のように、ほかの何かのように。
                      僕も死んで行く
                   君の 一生のように。
                      僕も 乾いて行く
                   夏の 夕立のように。
                あるいは 朝露の 真珠のように
                   二度と 見られることは ないだろう。

                                 [ Tad:翻訳]



 私の末弟は、去る7月21日夜、74歳でこの世を去った。

 弟と私の年齢の差は7歳であった。ただ、私は早い時期に両親の下を離れ祖父母と生活をしていたので、弟と対話ができる年齢になって生活を共にしたのは敗戦後の僅か2年だけの、どちらかといえば縁の薄い兄弟であった。

 弟は定年退職後、趣味の陶芸に打ち込み、専門学校に入学して本格的に作陶を学び,家に窯を置いて花器を中心に作陶を重ね、最近では個展を開くまでに腕を上げていた。愈々これからという時に病魔に冒され、僅か数ヶ月の入院の後、家族の献身的な看護にも拘わらず息を引き取った。本人の無念の気持ちは察するに余りある。
 残された弟の家族の悲しみはいかばかりか。

 縁の薄い弟であっただけに、兄として申し訳のない気持ちに耐えられない。何故、年長者である兄を差し置いて先に両親の下に還ったのか。お互いにたしなむ程度しか酒が飲めなかったのだが、せめてもう一度ゆっくりと話をしたかった。いかにも悲しい。淋しい。

 弟よ、どうか安らかに眠って下さい。



 ロバート・ヘリックについては「想い出の詩想」の中の「この世を去る時に」で紹介しているので、そちらを見て頂くようお願いする。
                                        [2011.7月 記]



   

   想い出の詞藻 に移る。
  私の音楽ノート に移る。 
  青島物語-続編 に移る。
  プロローグ に移る。
  トップページ に戻る。