An August Midnight
( 八月の夜半)

トーマス・ハーディ
Thomas Hardy
                 

               A shaded lamp and a waving blind,
               And the beat of a clock from a distant floor:
                On this scene enter --- winged, horned, and spined ---
               A longlegs, a moth, and a dumbledore;
               While 'mid my page there idly stand
               A sleepy fly, that rubs its hands.....

                Thus we five, in this still place,
               At this point of time, at this point of space.
                ---My guests parade my new-penned ink,
               Or bang at the lamp-glass, whirl, and sink.
               "God's humblest, they!" I muse. Yet Why?
               They know Earth-secrets that know not I.
                
                   

               笠のあるランプ そして 揺れる窓掛け
               遠くの部屋からは 時計の音が
               この情景の中に、羽根のある、角のある、そして棘のある
               ガガンボと 蛾と 虻が いた。
               私の紙の上で 物憂げに 立っているのは
               手をこする 眠たげな蠅。

               かくして 我われ五人は この静かな場所で
               この時 この空間に いるのだ。
               --- 私の客人は 書き立ての紙の上を 歩き回り
               ランプの笠にぶつかり 飛び回り そして落ちる
               ”神の最も哀れな造物よ” 私は 瞑想する "何故?”
               彼らは知っている 私の知らない 大地の秘密を。

                                 [ Tad:翻訳]



 昭和24年夏、私は旧制富山高等学校の学生寮「青冥寮」で、大学受験の勉強をしていた。当時はクーラーはおろか扇風機もなく、男だけの生活だから夏は殆ど裸状態、団扇で風を求め蚊を追い払い、電球に直接笠を取り付ける20ワットの「電気スタンド」の下で参考書を読んでいた。窓を開け放して涼をもとめるのだが、否応なしに虫が灯りを求めて飛び込んでくる。手は忙しく団扇を動かして風を作り、同時に蚊を、コガネムシを、蛾を追い払ったものだ。

 私はハーディのように哲学的でなかったから、窓から飛び込んでくる様々な虫は、所詮、厄介者と思っただけだった。ひたすら秋風の吹く九月を待ち侘びるばかりであった。

 あれから60年が過ぎ、生活環境は一変した。夏になれば部屋の窓を閉め、冷房で暑さ知らず、まして虫が飛び込んでくることなどは全くない。そのような環境でこのハーディの「八月の夜半」を読むと、もう経験することもない敗戦直後の学生生活がまるで昨日の出来事のように思い出されるのだ。

 この詩を解説している「荒牧鉄雄」氏によれば、この詩は「哀れみの情」を歌ったものであろうかと述べ、
               やれうつな 蠅が手をする 足をする
と歌った一茶のヒューマニズムが思い出されるとのことだ。

 82歳を過ぎた今、改めてこの詩と荒牧氏の解説を読み直して、結局私は詩人でなかったと嘆くばかりである。




 トーマス・ハーディは、1840年にイングランド南部の小村で石工の長男として生まれた。若くして教会建築家に弟子入りし、長年建築の製図の仕事にたずさわり、その合間に詩作に励んでいたが、次いで小説を書くようになった。発表された小説は20編以上にのぼるが、中でも「テス」は我が国でもよく知られている。ただ、この小説に対する批評は厳しく、この作以降、ハーでディは詩作に専念するようになった。
 ハーディは1928年に没した。イギリスは彼の文芸上の貢献に対して国葬を以て酬いたとのことだ。
                                          [2012.9月 記]

    

   

   想い出の詞藻 に移る。
  私の音楽ノート に移る。
  美しき花々 に移る。
  青島物語-続編 に移る。
  プロローグ に移る。
  トップページ に戻る。