Magna est Veritas

( 真実は偉大だ = The truth is great)

コヴェントリ・パトモア
Coventry Patmore
                 

               Here, in this little Bay,
               Full of tumultuous life and great repose,
               Where, twice a day,
               The purposeless, glad ocean comes and goes,
               Under high cliffs, and far from the huge town,
               I sit me down.
               For want of me the world's course will not fail:
               When all its work is done, the lie shall rot;
               The truth is great, and shall prevail,
               When none cares whether it prevail or not.
             
                   

               ここ、この小さな 湾の中には、
               乱雑な生活と 偉大な静寂とが 満ちている、
               ここでは、一日に 二度、
               あてもなく、美しい海洋が 行き来する、
               断崖の下、大都会から 遠く離れて、
               私は 腰を 下ろす。
               私がいなくても 世の中は 変わらないだろう:
               だが その仕事が 終わったとき、 嘘は 朽ち果てる はずだ。
               真実は 偉大だ、そして勝つのだ、
               勝とうと負けようと だれも 気にしないだろうが。

                                 [ Tad:翻訳]



 今から20数年前、ワイド版岩波文庫「イギリス名詩選」を購入した。その中にこのパトモアの「真実は偉大だ」があり、短詩でしかも用語が平易であるので簡単に翻訳できるのだが、この詩の意味は今に至るも実はよく判らないのだ。最近、私は次のように解釈しているのだが、果たして如何であろうか。


   大都会から遠く離れたこの小さな湾内には一日に二度海洋が打ち寄せ、人々の様々な生活と自然の
   静寂とが入り交じっている。
   私はこの湾内の断崖の下に腰を下ろして、一人になることがある。私一人がいなくても、世の中は
   変わりなく動いていることだろう。
   だが、私がこの世での仕事を終わった時、私が隠していた嘘は朽ち果てるはずだ。真実は偉大であり、
   真実が勝つのだ。もっとも、私一人が勝とうと負けようと、誰も気にしないだろうが。


 この詩は、都会の喧噪から離れた海辺の情景と、一人の人間の存在の小ささを取り上げた詩であろうかと考えるのだが、それにしては標題でわざわざラテン語を取り上げるほどの内容ではないと思えるのだ。ただ、「イギリス名詩選」の編者「平井正穂氏」によると、「パトモア」は19世紀の詩人で、結婚愛の問題を宗教的な次元にまで高めて考えたカトリック詩人として、ユニークな地位を占めているとのことだ。この詩の表題は彼の深い学殖によるものかも知れない。
 
 私はこの詩の最後の1節が好みで、ここに取り上げることにした。

                                         [2013.5月 記]



   

   想い出の詞藻 に移る。
  私の音楽ノート に移る。
  想い出の詩 に移る。
  青島物語-続編 に移る。
  プロローグ に移る。
  トップページ に戻る。