挽歌(郭公)---矢野峰人
                 

                   血を吐く鳥と人のいふ
                 小鳥よなれは今日もまた
                 血をば吐きつつ啼けるにや。

                 血をはくものは汝(な)のみかは
                 いとしの吾子(あこ)も血を吐きて
                 五月(さつき)の闇に消えゆきぬ

                 血をば吐きつつ消えゆくは
                 あに汝(な)のみかはいとし子よ
                 汝が父母も妹も
                 目にこそ見えぬあけくれに
                 汝を偲びつつ血を吐ける
                             (矢野峰人---郭公に)より



 「郭公」。日本では夏鳥として渡ってくる「ほととぎす(不如帰)」が郭公の1種類である。その仲間には一晩中啼き続ける種類もある。だから日本では、ほととぎすは「血を吐きながら啼き続ける鳥」とも言われている。

 この詩は、終戦後復員してきた唯一の男子を病魔で失った「矢野峰人」が、その深い悲しみを郭公の啼き声に託して書き記したもので、昭和25年に雑誌「世界人」に発表された。

 矢野峰人は明治26年に岡山県で生まれた。幼にして父母に死別。中学時代より詩作して新聞・雑誌に投書し、選ばれたこと少なくなかったという。第三高等学校より京都大学に入学し、「上田敏」らの指導を受けた。大学卒業後、三高で教鞭を執り、後京大で教壇に立った。その傍ら、詩人としての鋭い直感と、学者としての分析と綿密な実証をもって、日本文学史の研究に功績を挙げた。特に日本近代詩の研究に優れ、その「蒲原有明研究」は名著の誉れが高かったという。

 両親の愛うすき幼少時代を送った峰人が、戦火の中を無事に復員してきた子息を病魔で失った悲しみは、いかばかりであったか。まさに血を吐く思いで悲しみを叫び続けたに違いない。

 私の娘「郁」は、一昨年7月、38才の若さでこの世を去った。その霊前に、この挽歌を手向ける。
                                      (1998年7月記)



                    

                    想い出の詩 に移る
                    想い出の詞藻 に移る。
                    トップページ  に戻る。