官能の詩人---堀口大学


                       砂の枕

                 砂の枕はくずれ易い
                 少女よ お行儀よくしましょう
                 沢山の星が見ていますれば
                 あらはな膝はかくしましょう



                       拷問

                 お前の足もとに跪(ひざま)いて
                 何と拷問がやさしいことだ
                 愛する女よ 残酷であれ
                 お前の曲線は私を息づまらせる
                 ああ 幸福に私は死にそうだ



 これらの詩は、大正15年に発表された堀口大学の詩集「砂の枕」から引用したもの。大学は、明治25年に東京で生まれたが、生後間もなく新潟県に移り、長岡中学を卒業するまでこの地に住んだ。旧制第一高等学校を二回受験したが失敗、慶應義塾に入学した。このころ、大学は佐藤春夫と親しくつきあい、又与謝野鉄幹・晶子のグループに加わって万葉集、和泉式部、源氏物語などを読んだが、特に恋愛中心的な王朝文学の影響を大きく受けたといわれる。その後外交官であった父に伴われて欧米に約9年間生活し、フランス語を習得し、フランス象徴詩の影響も受けた。


                      
              「詩集(ヴェニュス生誕)より」

                 白鳥の歌は
                     死ぬ時。

                 花火のひとみは
                    消える時。

                 あなたの帯は
                    解ける時。


 一見良俗に反抗し、背徳的な詩作を発表した大学であったが、フランス近代詩の翻訳と紹介を通じて、昭和詩の発展に大きな啓発を与えた彼の功績は見逃せないといわれる。

 後年の大学の詩には、自らの人生を見つめて、つぶやくような作品が見受けられるようになった。

                      老雪
                  「詩集(夕の虹)より」

                   北国も弥生半ば
                   雪老いて痩せたりな
                   つやあせて 香の失せて
                   わが姿さながらよ
                   咲く花は見ずて消ゆ
                               (1998年8月記)


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。