幽玄の詩人---蒲原有明



                日のおちぼ----(春鳥集)より


              日の落ち穂、月のしたたり、
              残りたる、誰か味い 
              こぼれたる、誰かひろひし、
              かくて世は過ぎてもゆくか。
              あなあはれ、日の階段(きざはし)を、 
              月の宮---にほひの奥を、
              かくて将(は)た踏めりといふか、  
              たはやすく誰か答えむ。

              過ぎ去りて、われ人知らぬ
              束の間や、そのひまびまは、
              光をば闇に刻みて、
              音もなく滅(き)えてはゆけど、
              やしなひのこれやそのつ露、
              美稲(うましね)のたねにこそあれ、--
              そお棄てて運命(さだめ)の啓示(さとし)、
              星領(し)らす鍵を得んとか。


 この詩は、明治38年に発表された蒲原有明(ありあけ)の第3詩集(春鳥集)から選んだ。有明の詩は、彫琢され尽くした語彙、幽玄な詩想、技法の完璧さにおいて日本近代詩の頂点をなすと言われるが、私にとっては難解かつ晦渋で、読むごとに何度投げ出したくなったことか。

 有明は明治9年に東京で生まれた。小学生時代には図画を最も好み、境遇が許すなら、画家になっていたであろうと自ら述べている。明治25年に中学を卒業後、受験勉強のため国民英学会に入り英文学の講義を受けたことが、後年彼の詩作に大きな影響を及ぼした。

 有明は明治32年頃からイギリスの神秘主義詩人ロセッティの詩に傾倒しその名作を翻訳する傍ら、イタリアのソネット形式に倣った詩を自らも数多く発表した。


             えしれざる刹那のゆくへ
             いずこぞと誰か定めむ、
             犠牲(にえ)の身を淵にしずめて
             いかばかりたずねわぶとも、
             底ふかく黒闇とざし、
             ひとつ火の影にも遇(あ)はじ。
             痛きかな、これをおもへば
             古夢の痍(きず)こそ消えね、
             永劫(とことは)よ、背に負うつばさ、
             彩羽(あやは)もてしばし掩(お)ほえ、
             新しきいのちのほとり、
             あふれちる雫(しずく)むすばむ。
                           (日のおちぼ)より


 有明が自ら真の象徴詩として明治41年に発表した「有明集」は、第一期象徴詩の金字塔として高く聳え立っている。彼の詩には神秘的・宗教的な色彩が濃いとを指摘する人は多い。 
 ここに掲げた「日のおちぼ」にも、神秘的な詩境の中で「永劫と刹那」を詠っている。しかし、この当時文壇に台頭しつつあった自然主義詩人や評論家は、有明の詩が現実の生活に取材せず、その様式・用語が平明さを欠き、もはや時代にそぐわぬとして、有明の詩を激しく排斥した。

 有明は、この事態に対して心中深く憤るところがあり、この「有明集」の発表をもって詩壇を去った。この後、有明が詩を新しく発表することはほとんどなかったのである。
                               [ 1998年9月記 ]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ  に戻る。