「舞姫」の詩---森 鴎外



                    扣 鈕 (ぼたん)

                 南山の  たたかいの日に
                 袖口の  こがねのぼたん
                 ひとつおとしつ
                 その扣鈕(ぼたん)惜し

                 べるりんの  都大路の
                 ぱっさあじゅ 電灯あおき
                 店にて買いぬ
                 はたとせまえに

                 えぽれっと  かがやきし友
                 こがね髪   ゆらぎし少女(おとめ)
                 はや老いにけん
                 死にもやしけん


         ----20年前、ベルリンで買ったコートの釦を、日露戦争の戦場で
           なくしてしまった。そのころまだ若かった、肩章(えぽれっと)
           を付けていた友人の将校も、黄金色の髪をなびかせたあの
           少女も、今ではもう歳老いたか、亡くなったかもしれない。---- 



 先日、日本近代詩集に目を通していたところ、森鴎外の「扣鈕(ぼたん)」という詩が目に留まった。その詩を読みながら、学生時代に読んだ彼の短編小説「舞姫」を想い出した。

 森鴎外は、明治14年、19歳で東京大学医学部を卒業後、直ちに東京陸軍病院の軍医に任命された。明治17年、彼は軍陣衛生研究のためにドイツに留学を命ぜられ、明治21年に帰国した。同年、ドイツ留学中の鴎外の恋人「エリス」が彼を追って来日したが、鴎外は彼女に直接会うことなく、鴎外の兄弟らが彼女に会って説得し、彼女を帰国させたとのこと。

 だが、ドイツ留学中の「エリス」との恋は鴎外にとってよほど忘れられなかったのか、後に彼は「舞姫」と「うたかたの記」にそのことを偲ばせて書いている。この詩も、その当時を偲んで詠んだものであろうか。


                 はたとせの  身のうきしずみ
                 よろこびも  かなしびも知る
                 袖のぼたんよ
                 かたはとなりぬ

                 ますらおの  玉と砕けし
                 ももちたり  それも惜しけど
                 こも惜し扣鈕
                 身に添ふ扣鈕


       ----20年前の想い出を知るぼたんを戦場で失ってしまった。この戦争で
         多くの人命を失ったことは惜しいことだが、そのときにこのぼたんを
         失ったことは、自分の青春を失った思いで、とても惜しい----

 と、鴎外は嘆く。この詩が発表された当時に、この詩がよくも発禁にならなかったものだと思う一方で、ここまで鴎外が「エリス」を偲ぶのであれば、彼女が来日したとき、なぜ鴎外は彼女に会ってやらなかったのかと、つい、考えてしまう。
                                [1998年10月記]

                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に戻る。
                  トップページ に戻る。