「虞美人草」の詩---項羽

                         
                          垓下歌         項籍(項羽)

            力抜山兮氣蓋世              力は山を抜き 気は世を蓋(おほ)う 
              時不利兮騅不逝                時 利あらず 騅(すい ) 逝(ゆ)かず  
              騅不逝兮可奈何                騅の逝かざるを 奈何(いか)にせん 
            虞兮虞兮奈若何                虞や虞や 若(なんじ)を奈何(いか)にせん
  
 
                   垓下(がいか)の歌

     ---- 私には、まだ、山を引き抜くほど力があり、私の気概はこの世を覆うばかり。
        だが、時勢は私に不利であり、愛馬「騅(すい )」も動こうとしない。 

           動こうとしない「騅」をどうしたらよいだろうか。
           愛する妻「虞(ぐ)」よ、お前をどうしたらよいだろうか。----



 漢の高祖(劉邦)と天下を争った一代の英雄項羽が、高祖の軍に追われて垓下(安徽省)に立てこもったある一夜、高祖軍の中から楚(項羽の故国)の歌声が聞こえた。そのむせび泣くような歌声に、項羽はいよいよ自分の故国は破れたかと感じた。(四面楚歌)

 項羽は最後の酒宴を開き、席上「虞や虞やなんじをいかにせん」と詩を吟じた。項羽の愛人である「虞」がその詩にあわせて舞を舞うのを見た後、項羽は愛馬「騅」をかって高祖の軍陣に突入し、悽愴な戦いの後、31歳の若さでこの世を去った。

 「虞」も垓下で自害した。その年の夏、「虞」を葬った塚に真っ赤な罌粟(けし)の花が咲いたが、地元の人たちは、自ら命を絶った「虞」を哀れんで、この花を「虞美人草」と名付けたという。



 この詩と物語を初めて読んだ時、私は小学校6年生であった。すばらしい挿し絵と、「虞や虞やなんじをいかにせん」という響きの良い口調に魅せられて、私は銭湯の湯ぶねの中で、

    ぐやぐや なんじを いかにせん :  ぐにゃぐにゃ こんにゃく いかにせん

と声を張り上げて歌ったものである。
                   [ 1998年10月記 ]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。