「赤トンボ」の詩人---三木露風


       
  
                     沼のほとり

                   蒼ざめたる光、音もなく
                   あけぼのは雪の上にきたる。
                   風は幽(かす)かに枝をふるはし
                   木は屍のごとく、むなしき腕を交わす。
                  そのとき君は沼のほとりにあり。
                  沼の水凍りて
                  煙のごとく「夜」は靡(なび)けり。
                  いかなれば君のここにありしか。
                   ああ。いかなればわが眼に君の視える。

 

 童謡「赤トンボ」の作詞家、三木露風は兵庫県龍野で明治22年に生まれた。自ら神童であったと称する露風は、12歳の頃すでに自作の文章、詩歌、俳句を投稿していたという。明治40年に18歳で早稲田大学文学部に入学、42年には詩集「廃園」を刊行し、同じ年に処女詩集「邪宗門」を発表した北原白秋とともに、いわゆる白露時代を迎えることとなった。

 露風は、「私は、初め叙情をもって詩を作り始め、後、象徴詩にいたり、短詞を作り、更に宗教詩を書くようになった」と自ら記している。また、「抒情詩人の初期では詠嘆を歌うものであるが、それがやや進むと頭を垂れたる暗愁を歌うようになる」とも書いている。今回紹介している「沼のほとり」は、まさに人恋うる暗愁の叙情詩といえるだろう。
  
 
                 その面は憂愁のスフィンクス、
                 「過去」よりきたる悲しみの烙印あり。
                 霊(たましい)は、雪に埋もれて燃え、
                 荒きすすり泣きの声、そこよりきこゆ。

                 木は屍のごとくに充つ。
                 蒼白きあけぼのは今、来たらんとす。
                 語れよ、無言の君、
                 寂び果てし沼のほとりに。
                                詩集「寂しき曙」より


 露風は、昭和39年、不幸にも自宅付近で輪禍に遭い、75歳でこの世を去った。彼は白秋と並び称された詩人であるが、没後彼の作品は不遇で、全集はおろか全詩集も刊行されていないという。
                                     [1998年12月記]

 
                     

                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に戻る。
                    トップページ に戻る。