「青い眼の人 形」の作詞家---野口雨情



                      二   人

                歳の暮れも押し迫って来ているのに
                間借りしている二人は
                これからさき、どうすればよいのか
                途方にくれている

                二人は
                小さな火鉢を中にして
                痛切に---お互いに---暮らしませうと云っているが
                矢張り涙にくれている

                二人は
                昨夜(ゆうべ)も同じやうな夢を見た
                銀貨だの、米だの、肉だの、炭だの
                凩(こがらし)は屋根を鳴らして吹いている


 童謡「青い眼の人形」や「十五夜お月さん」の作詞家である野口雨情は、明治15年に茨城県で生まれた。東京専門学校(早稲田大学の前身)高等予科を中退。在学中から詩を発表したが、明治37年に帰郷した。彼が大正8年に出版した詩集「都会と田園」の大部分は口語自由詩で、上の「二人」にも見られるように、社会主義的内容が看取されるものが多い。

 率直のところ、私はこの種の詩には美を感じられない。自然主義的口語自由詩は私の好みではないのだが、この詩に限っては何となく万葉歌人である山上憶良の「貧窮問答歌」が連想され、取り上げることとした。

 大正10年、雨情は第一童謡集「十五夜お月さん」を発表して、北原白秋や西条八十らとともに、当時の童謡運動の指導的地位についた。

 この後、雨情は民謡詩を多く発表し、中でも「波浮(はぶ)の港」は歌謡曲として広く歌われた。次に取り上げる雨情の詩も社会主義的な内容を持つが、その文体に童謡的な要素がじられる。

 雨情は昭和20年に没した。


                    一 軒 家

                    姉は 男に
                   だまされた
                   野中の一軒家の
                   きぎりす

                   機場(はたば)に売られた
                   妹は
                   とんがらがん とんがらがん 
                   暮らしている

                   姉は 男に
                   だまされた
                   野中の一軒家の
                   きりぎりす
                   青い芒(すすき)に
                   降る雨は
                   ちんちりりん ちんちりりん 
                   降りました。 
                                [1998年12月記] 


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。