日 本---山村暮鳥

                      


               風    景    (純銀もざいく)

      いちめんのなのはな    いちめんのなのはな    いちめんのなのはな
      いちめんのなのはな    いちめんのなのはな    いちめんのなのはな
      いちめんのなのはな    いちめんのなのはな    いちめんのなのはな
      いちめんのなのはな    いちめんのなのはな    いちめんのなのはな
      いちめんのなのはな    いちめんのなのはな    いちめんのなのはな
      かすかなるむぎぶえ    ひばりのおしやべり      やめるはひるのつき
      いちめんのなのはな    いちめんのなのはな      いちめんのなのはな



 高校時代に初めてこの詩を読んだとき、何だこれが詩かと思った一方、何となく初春の日差しの下で、畑一面の黄色い菜の花、麦笛を吹く子供たち、空高くさえずる雲雀、そして青空の中かすかすかに見える昼の月などが視覚的に頭に浮かんで、面白いなと思ったものだ。しかし所詮は習作的な詩であろうと考え、いつしか私の記憶から消え去っていた。


 先日、ある機会からこの詩を読み直し、さらに暮鳥のほかの詩に目を通していると、思わず息をのむような詩に行き当たった。今までになぜこの詩がひろく紹介されなかったのか、不思議でならない。一人でも多くの人に、この美しい、素朴で力強い詩を読んでいただきたいものだ。


  
                     日   本
                            
           日本、うつくしい国だ
           葦の葉っぱの
           朝露がぽたりと
           おちこぼれてひとしづく
           それが
           此の国になったとでも言ひたいやうな日本
           大海のうへに浮いている
           かいらしい日本
           うつくしい日本
           小さな国だ
           小さいけれど
           その強さは
           鋼鉄のような精神である

                   おう日本
                   ぴちぴちしている魚のような国
                   勇敢な日本
                   古い日本
                   その霧深い中にとじこもって
                   山鳥の尾のながながしいゆめをみていたのも
                   いまはむかしのことだ
                   めをあげて
                   そこにどんな世界をお前はみたか
                   日本、日本
                   お前のことをおもふと
                   此の胸が一ぱいになる
                   お前は希望にかがやいている
                   お前は力にみちている
                   そして真剣だ

           だが日本よ
           お前の道はこれまでのように
           もうあんな平坦なものではあるまい
           お前はよるひる絶えず
           お前のまはりに打寄せている
           その波の音をなんときているか
           寂しくないか
           おう孤独な
           遠い一つの星のような日本
           からりとはれた黎明の天空(そら)のような国
           ときどきは通り雲の
           さっとかかるぐらいのことはあっても
           おまえはまだただのいちどでも
           その顔面に泥をぬられたことはないんだ
           そんな美しい国なんだ
  
                  日本
                  幸福な日本
                  強い日本
                  わたしらは此処で生れたんだ
                  また此処で最後の息をひきとって
                  遠祖らと一しょになるんだ
                  墳墓の地だ
                  静かな国、日本
                  小さな国、日本
                  つよくあれ
                  すこやかであれ
                  奢(おご)るな
                  日本よ、真実であれ
                  馬鹿にされるな


 大正13年、40歳の若さで病死した暮鳥の日本人に対する戒め、「奢るな、日本よ」をかみしめていれば、日本は顔に泥を塗られることもなく、その後の進路は変わっていたことだろう。

 バブルに踊り、不況に苦しみ、海外に多額の金銭的支援をしながら馬鹿にされ、学級崩壊の中で打つ手もない今の日本は、日本人は、この詩を読み直して元気になりたいものだ。
                                   [1999年2月記]


                    
 
                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。