漂泊者の歌---萩原朔太郎

                    


           日は断崖の上に登り
           憂ひは陸橋の下を低く歩めり。
           無限に遠き空の彼方
           続ける鉄路の柵の背後(うしろ)に
           一つの寂しき影は漂う。

                過去より来たりて未来を過ぎ
                久遠(くおん)の郷愁を追ひ行くもの。
                いかなれば蹌爾(そうじ)として
                時計の如く憂ひ歩むぞ。
                石をもて蛇を殺すごとく
                一つの輪廻を断絶して
                意志なき寂寥(せきりょう)を踏み切れかし。



 萩原朔太郎。学生時代から、彼の詩を私は余り好きでなかったが、それにもかかわらず、彼の詩はずっと私の脳裏から離れなかった。


 朔太郎は、明治19年に群馬県前橋町(現前橋市)で生まれた。生家は開業医で、経済的に恵まれた環境の中で成長した。然し、中学入学後の学業成績は必ずしも良くなく、中学4年の時に落第している。
 中学卒業後第五高等学校に入学したが二年に進級できなかった。朔太郎は更に第六高等学校に入学したが、ここでも二年に進級できないまま退学した。その後朔太郎は京大別科、早稲田大学を受験するも入学できず、学歴のないことが朔太郎の気持ちの負担となって一生つきまとった。
 加えて、定職のないまま東京から前橋に戻り、父の意志に反して文学の道に進んだことが父に大きな失望を与え、周囲からも「あののらくら者が」と白眼視されているのではないかと、朔太郎自身、常に感じていたという。朔太郎の詩が持つ病的なまでの不安定感は、彼の青年時代の挫折が大きな影響を及ぼしている。

 こで取り上げた「漂泊者の歌」を、朔太郎が自らの人生を歌った詩として読むとき、彼がいかに暗い過去を引きずって歩いてきたかが感じ取られる。


         ああ 悪魔よりも孤独にして
         汝は氷霜の冬に耐えたるかな!
         かつては何物をも信ずることなく
         汝の信ずるところに憤怒を知れり。
         かつて欲情の否定を知らず
         汝の欲情する者を弾劾せり。
         いかなればまた愁ひ疲れて
         優しく抱かれ接吻(きす)する者の家に帰へらん。
         かつて何物をも汝は愛せず
         何物もまたかつて汝を愛せざるべし。

               ああ汝 寂寥の人
               悲しき落日の坂を登りて
               意志なき断崖を漂泊(さまよ)ひ行けど
               いずこに家郷はあらざるべし。
               汝の家郷は有らざるべし!
                            漂泊者の歌---詩集「氷島」より


 朔太郎がその第一詩集「月にほえる」を大正六年に刊行したとき、北原白秋が巻頭に献辞した。朔太郎はこの後室生犀星とともに口語自由詩の旗手となり、数多くの詩をを発表し初期白秋の詩から訣別した。また「三木露風の一派を追放せよ」との評論も発表している。それあるかあらぬか、やがて白秋の方が気持ちの上で朔太郎から離れていったという。

 ところが、朔太郎が最後に発表した詩集「氷島」で、彼は「芸術としての詩が究極するところのイデアは、詩的情熱の素朴純粋なる詠嘆に存する」と述べ、彼なりの抒情詩作りに回帰している。そればかりか口語詩を放棄して文語詩に戻っているのだ。

 「人生の漂泊者」萩原朔太郎は、昭和17年5月、東京都で没した。享年57歳。
                     [1999年3月記]



                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。