口語抒情詩人--立原道造



            絃(いと)は張られてゐるが もう
            誰もがそれから調べを引き出さない
            指を触れると 老いたかなしみが
            しづかに帰つて来た……小さな歌の器(うつは)

            或る日 甘い歌がやどつたその思ひ出に
            人はときをりこれを手にとりあげる
            弓が誘ふかろい響――それは奏でた
            (おお ながいとほいながれるとき)

            ――昔むかし野ばらが咲いてゐた
            野鳩が啼いてゐた……あの頃……
            さうしてその歌が人の心にやすむと

            時あつて やさしい調べが眼をさます
            指を組みあはす 古びた唄のなかに
            ――水車よ 小川よ おまへは美しかった
                      [優しき歌 I ---民謡]より



    青年が、古い楽器を前にして、その昔この楽器が奏でたであろう美しい曲の数々を思い浮か
    べている。この楽器には、甘い唄を奏でた遠い昔の思い出が宿っていることだろうと。

    --時あって眼を覚ます優しい調べは、野ばらか、美しき水車小屋か。---

    古い楽器を手にした青年は、自らの恋を偲ぶのか、あるいは夢を求めるのか。
      ---心の中に、調べが流れる。
                           [Tad 翻案]




 口語現代詩は、様々な理由から私の好みから外れるが、その中で立原道造の詩は、青白い光芒を放って流れた星のように、私の網膜に強い残像となって残っている。

 立原道造。1914年に東京市日本橋区にて出生。小・中学校を通じて天才の誉が高かった。中学4年から第一高等学校理科に進み、一高短歌会に作品を発表。後、三好達治の四行詩の影響を受けて短歌と別れ、詩の道に進む。
 1934年、道造は東大工学部建築学科に入学。学業の傍ら多くの詩を世に問うた。彼の詩の根本となるソネット形式(14行の抒情詩の型)はこの時期に完成された。

 道造は多くのソネットのほか、いくつかの短編詩も作っている。


               ガラス窓の向うで
               朝が
               小鳥とダンスしてます
               お天気のよい青い空
                     [ガラス窓の向うで]


 口語によるソネットという形式で、道造は往時の青年が共通に抱いた孤独と不安とあこがれを、抒情詩として自らの語法で鮮やかに詠い上げている。
 「若菜集」以後、青春の抒情を詠い得たのは立原道造のみという評論家もいる。

 大学卒業の3年後、立原道造はこの世を去った。享年24歳であった。
                             [1999年4月記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。