追憶 (A Memory)--W. アリンガム

            

                   Four ducks on a pond,
                   A grass bank beyond,
                   A blue sky of spring,
                   White clouds on the wing;
                   What a little thing
                   To remember for years---
                   To remember with tears.  
                           [William Alingham]


                  池の面(も)には 四匹のあひる
                  彼方には 緑の岸辺
                  春の空 青く澄み
                  白い雲 かろく漂う
                  こんなにも 小さなことを
                  何時までも 想い出すのか
                  涙して 想い出すのか
                       [Tad 訳]


 昭和24年、私が旧制高校3年生の春、矢野峰人が編集した「英詩珠玉抄」を購入した。この本は今でこそ茶色く変色しているが、当時としては素晴らしい装丁の102頁の本で、100円という価格は当時として決して安くなかったように思う。

 その本の1頁目に、この詩が載っていた。簡単な英語で、私にもすぐ理解できたことと、何よりも情景描写と季節感、そしてこの詩の持つ情感に心を引かれ、私の数少ない好な英詩の一つとなった。

 その後、このような季節感をもつ英詩はないかと、随分探した。同じような雰囲気をもつ詩としては、ロバート・ブラウニングの  [Pipa' Song]  と  [Home Thoughts from Abroad] そしてトマス・ナッシュの「春」ぐらいしか見あたらない。ブラウニングの詩は10数編、その他の詩も含めると英詩には何百と目を通したが、その殆どは理屈っぽく長くて、内容的には暗いものが多く、どうも好きになれない。

 英文学者平井正穂氏によると、この詩を詠んだアリンガムは19世紀の詩人で、テニソンらと同時代に生きたが、結局は有名になれなかったとのこと。この詩は、多分日本の和歌を意識して詠まれたのではないかという。
                                    [1999.5月記]



                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。