失はれたるモナ・リザ---高村光太郎




           モナ・リザは歩み去れり
           かの不思議なる微笑に銀の如き顫音(せんおん)を加へて
           「よきひとになれかし」と
           とほく、はかなく、かなしげに
           また、凱旋の将軍の婦人が偸視(ぬすみみ)の如き
           冷ややかにしてあたたかなる
           銀の如き顫音を加えて
           しづかに、つつましやかに
           モナ・リザは歩み去れり

           モナ・リザは歩み去れり
           我が魂を脅かし
           我が生の燃焼に油を注ぎし
           モナ・リザの唇はなほ微笑せり
           ねたましきかな
           モナ・リザは涙をながさず
           ただ東洋の真珠の如き
           うるみある淡碧(うすあお)の歯を見せて微笑せり
           額縁を離れたる
           モナ・リザは歩み去れり
                      [失はれたるモナ・リザ---詩集"道程より"]


 高村光太郎。明治の高名な彫刻家である高村光雲の長男として、明治16年に東京で生まれた。明治31年、15歳で東京美術学校(現在の東京芸大)彫刻科に入学し、明治35年に卒業した。明治39年から42年まで、米国、英国、フランスに留学した。
  
 留学から帰国後の明治44年、光太郎は堰を切ったように詩を書き始めた。ここに掲載した「失はれたモナ・リザ」は最初に発表された詩の一つである。光太郎自身によると、この頃彼は白秋らが主宰する「パンの会」に入って日本の情炎に触れ、「当時の疾風怒濤の時代に身をもまれ、あらゆるものに対する現状憎悪から来るデカダン性と、そのまたデカダン性に対する懐疑と、かかる泥沼から脱却しようとする焦燥とでめちゃめちゃになっていた私自身を此処に見る」と述べている。

 「失はれたるモナ・リザ」は、古今の名画である「モナ・リザ」にすら、光太郎がその名声に懐疑を感じていた時代の彼の心境を示す詩であろう。

 だが、私自身はこの詩の中にデカダン性を感じない。むしろ彼が何かを求めて苦しんでいる姿をそこに見る。それあるかあらぬか、彼は同じ詩集で、次の詩を発表している。


             僕の前に道はない
             僕の後ろに道は出来る
             ああ、自然よ
             父よ
             僕を一人立ちにさせた広大な父よ
             僕から目を離さないで守る事をせよ
             常に父の気魄(きはく)を僕に充たせよ
             この遠い道程のため
             この遠い道程のため
                         [道程---詩集"道程より"]


 大学時代、私は光太郎の詩を読みながら、彼が心に描いた「道程」とは何だろうかと考えさせられた。光太郎自身も自らの道程を終生追い求めたことであろう。
  
 人生を思い煩ったとき、光太郎の詩は時に私に力を与えてくれた。
                                     [1999年6月記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。