追憶の詩(2)---A. Tennyson

            


         My love involves the love before;
           My love is vaster passion now;
         Tho' mix'd with God and Nature thou,
         I seem to love thee more and more.

                      君への思いは昔の想い出につながり;
                      君への思いは今も広く激しい;
                      君は神と自然に抱かれているが、
                      君への思いは私の中で更に強まるようだ。


         Far off thou art, but ever nigh;
         I have thee still, and I rejoice;
         I prosper; circled with thy voice;
         I shall not lose thee tho' I die.
         
                     君は彼方に逝ったが、何時も身近に感じる;
                       君は私とともにあり、喜びをわかつ;
                     君の声に囲まれて、私は栄える;
                      君を失うことはない、たとえ私が死のうとも。
 
            [In Memorium ---Alfred Tennyson]  から  (Tad訳)


 テニソンはワーズウォースの後を受けて、19世紀における英国桂冠詩人としえ迎えられた。しかし、1828年に彼がケンブリッジ大学に入学したとき、彼は「無能無才で、ただ詩の道一筋につながる」と自覚し、憂鬱癖であったらしい。その彼を、才知と学殖、熱情と雄弁に富む学友のアーサー・ハラムが詩才を認め、学内の各種会合に引っ張り回した。

 かくして、テニソンとハラムは無二の親友となり、ハラムはテニソンの妹と婚約するに到るほど深い交わりを重ねたが、テニソンらが交際を始めてから僅か5年後に、ハラムは旅先で急死した。

 テニソンは親友ハラムの死を深く悲しみ、1850年にハラムの死を悼む「追憶の詩」を匿名で発表した。彼は、この詩篇を「幸福な終局を持つ神曲」として信じていたという。この「追憶の詩」は当時、宗教界から、科学者から、その他社会各層から一斉の歓呼をもって迎えられた。

 全篇が131聯、1聯が16行の詩から構成される「追憶の詩」は極めて難解で、翻訳を読むだけでも投げ出したくなる。その詩を、旧制高等学校の文科学生は、教科書として読んだのであった。

 この詩で詠われる「愛」は異性に対する愛ではなく、親友ハラムに対するテニソンの友愛である。

 私はこの詩を、3年前の今日に他界した娘の墓前に手向ける。
                                  [1999年7月10日記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。