幻想詩人---大手拓次



                   藍色の蟇(ひき)

           森の宝庫の寝間に
           藍色の蟇は黄色い息をはいて
           陰湿の暗い暖炉のなかにひとつの絵模様をかく。
           太陽の隠し子のようにひよわの少年は
           美しい葡萄のような眼をもって、
           行くよ、行くよ、いさましげに、
           空想の猟人(かりうど)はやはらかいカンガルウの編靴に。

                               (藍色の蟇----陶器の鴉)より


       森の奥深くのじめじめした暖炉のような暗い空間の中で、藍色のがま蛙は黄色
       の息を吐いて、一つの絵模様を描いている。
       その絵模様の中では、太陽から遮られた、ひよわだが美しい葡萄のような眼を
       した少年が、勇ましげに進んでいる。
       ----この情景を空想する猟人は、カンガルウの編上げ靴を履いている。
                                      [Tad 翻案]


 何とも不気味で幻想的な情景ではないか。大手拓次は、北原白秋に次ぐ象徴詩人として、白秋自身からも大きく期待されていたが、「邪宗門秘曲」に代表される白秋の象徴詩の多くが燦々とした陽光の下での幻想的情景を描写しているのに対して、拓次のそれからは、森の奥深く陰湿な木陰のもとで、何かひ弱なしかし純情な青年が幻想的な情景を描写するという印象を受ける。


                  みちのほとりをゆく

              わたしは みちのほとりをあるいてゆく、
              むなしさをとらへて
              そこはかとなくかくれるしのびねのように、
              わたしは とほいさくらに咲きながら、
              みちのほとりを日ごと日ごとにあるいてゆく。


 白秋の拓次に対する献呈文の一部を紹介しよう。
   
      大手君、君の詩集『藍色の蟇』は室生君の『愛の詩集』萩原君の『月に吠える』と
      雁行して、少なくとも大正の中葉には輝かしく出世すべきであった。謙譲であり、
      非社交的であり、私行の上にきわめて控えめがちであった君は幾度かその機を逸
      した。しかし、きみの詩は君独自の香気と語感と韻律とを以て、知る限りの人に
      驚目されていた。


 大手拓次は明治20年に群馬県に生まれ、明治45年早稲田大学英文学科を卒業した。在学中からボードレールの詩を読み、フランス象徴詩に傾倒した。大学卒業後ライオン歯磨本舗に入社、会社勤務の傍ら詩作を続けたが、昭和9年、肺病のため47歳で死去。終生独身であった。

 今日、彼の詩を目にすることはほとんどない。
                                    [1999.8月 記]



                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。