詩人として---石川啄木




                      人に捧ぐ

         君が瞳(め)ひとたび胸なる秘鏡(ひめかがみ)の
         ねむれる曇りを射しより、醒め出でたる、
         瑠璃羽(るりば)や、我が魂(たま)、日を夜を羽摶(はう)ちやまで、
         雲渦(くもうず)ながるる天路の光をこそ
         導(ひ)きたる幻(まぼろし)眩(まばゆ)き愛の宮居(みやい)。
         あこがれ浄きを花靄(はなもや)匂ふと見て、
         二人し抱けば、地の事破壊(ことはえ)のあとも
         追ひ来し理想の影ぞとほほえまるる。
           
         こし方、運命(さだめ)の氷雨を凌(しの)ぎかねて、
         詩歌の小笠(おがさ)に紅(あけ)の緒(お)結び会えず、
         愁(うれ)ひの谷をしたどりて足悩(あなゆ)みつれ、
         峻(こご)しき生命(いのち)の坂路(さかじ)も、君が愛の
         炬火(たいまつ)心にたよれば、黯(くら)き空に
         雲間も星行く如くぞ安らかなる。
                           [あこがれ----人に捧ぐ]より


 何の予備知識もなくこの詩を見ると、これは薄田泣菫か蒲原有明の詩ではないかと思う人が多いに違いない。だがこれは、石川啄木が17歳の時に発表した詩集「あこがれ」から引用した詩なのである。誰しも啄木の和歌の二・三句は知っていよう。だが、啄木がきらびやかな雅語や古語を駆使した、厳密な定型詩集をわずか17歳で発表したことを知る人は少ないのではないか。

 岩波文庫「啄木詩集」の編者大岡信は、啄木詩を整理編集して今日の読者に紹介するとともに、その解説において、先輩新体詩詩人達が長年月をかけて取得した文語定型詩の技法を、わずか17歳の若さで自らの手にした詩人啄木が、今日我々が知る歌人啄木に変容するに至るまでの道程について、明快な分析で論を進めている。

 大岡信の所論によれば、啄木の急テンポの成長の背景には、「何物かを新たに獲得するする事ではなく、啄木が少年時代から身につけてきた文学的野心や虚栄心をはじめ、自分自身を直視することを妨げるあらゆる属性を、一つ一つ剥ぎ取り、捨てて行くこと」があったのだという。

 次の詩は啄木が処女歌集「一握の砂」を出版した前後に作ったものであるが、詩人としての彼の成長・変容の大きさに驚かされる。

                    手    紙

                 「もう十年も逢はないが、
                 君はやっぱり昔どほり
                 元気が盛んだろう。」と
                 その手紙に書いてあった。――

                 湯にでも這入(はい)ろうかと
                 それ一つを望みに、
                 ぐったり疲れて帰った時、
                 机の上に載ってゐた
                 昔の友の手紙に。
                           [詩六章---三 手紙」より


 石川啄木は明治45年4月に没した。享年わずか26歳であった。
                                   [1999年9月記]


                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に戻る。
                  トップページ に戻る。