「心の歌」の詩人---伊東静雄




                   曠野(こうや)の歌    

                わが死せむ美しき日のために
                連嶺の夢想よ! 汝(な)が白雪を
                消さずあれ
                息苦しい希薄のこれの曠野に
                ひとしれぬ泉を過ぎ
                非時(ときじく)の木の実熟るる
                隠れたる場所を過ぎ
                われの播種(ま)く花のしるし
                近づく日我が屍骸(なきがら)を曳かむ馬を
                この道標(しめ)はいざなひ還へさむ
                あゝかくてわが永久(とは)の帰郷を
                高貴なる汝(な)が白き光見送り
                木の実照り 泉はわらひ
                           [わがひとに与ふる哀歌」より



 伊東静雄の名は古くから知っていたが、その名の響きから何となく老成した詩人という感じを受けて、つい最近まで彼の詩を読むことはなかった。やがて古希を迎える私は、この詩を初めて読んだとき、この詩の持つ「死の高貴性」に打たれた。

 静雄は、柩(ひつぎ)を乗せて高地を下る人々を描いた、アルプス画家「セガンティーニ」の作品「帰郷」という油絵から詩想を得て、この詩を詠んだといわれる。これは、世俗を離れ高地の透徹した大気の中で、自然の懐に帰る人の「心」を歌った、青年の慟哭の詠唱であろうか。

  萩原朔太郎は、静雄の詩に対して次のように述べている。
       日本に尚一人の詩人があることを知り、胸の躍るような強い悦びと希望を
       覚えた。これこそ、真に「心の歌」を持っているところの、真の本質的な
       抒情詩人であった。


                     春の雪

                 みささぎにふるはるの雪
                 枝透(す)きてあかるき木々に
                 つもるともえせぬけはひは

                 なく声のけさはきこへず
                 まなこ閉ぢ百(もも)ゐむ鳥の
                 しづかなるはねにかつ消え

                 ながめゐしわれが想ひに
                 下草のしめりもかすか
                 春来むとゆきふるあした
                          [春のいそぎ---春の雪]


 伊東静雄は明治39年長崎県に生まれた。佐賀高校から京大国文科に学び、後、大阪府立住吉中学校教諭となった。結婚して大阪市住吉区に居を構えたが、後、耳原御陵近くの堺市北三国ヶ丘町に長く居住した。「春の雪」はこの住居付近の情景を伝えている。

 昭和28年、静雄は47歳で永眠した。
                                   [1999年10月記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。