伝統と象徴と---伊良子清白




                   漂泊 (さすらい)

                蓆戸(むしろと)に
                秋風吹いて
                河添(かわぞひ)の
                旅籠屋(はたごや)さびし

                          哀れなる旅の男は
                          夕暮れの
                          空を眺めて
                          いと低く歌ひはじめぬ

                亡母は
                処女(おとめ)となりて
                白き額(ぬか)月に現れ
                亡父は
                童子(わらは)となりて
                円(まろ)き肩銀河に現る

                          柳洩(も)る
                          夜の河白く
                          河越えて
                          煙(けぶり)の小野(おの)に
                          かすかなる笛の音ありて
                          旅人の胸に触れたり
                                    [後半続く]


 伊良子清白は鳥取県で明治10年に生まれた。生家は代々の医家で本人も京都府立医学校を卒業している。明治32年に上京し、新詩社に加わり「明星」に寄稿し、編集にも加わった。

 明治39年に詩集「孔雀船」を発行した。これは200編余りある彼の詩編より僅か18編を収めた彼の唯一の詩集であり、この「漂泊」もその中に含まれている。



               故郷(ふるさと)の
               谷間の歌は
               続きつつ絶えつつ哀し
               大空の反響(こだま)の音と
               地の底のうめきの声と
               交わりて調(しらべ)は深し

                         旅人に母は宿りぬ
                         若人に父は降(くだ)れり
                         小野の笛煙の中に
                         かすかなる節(ふし)は残れり

               旅人は歌ひ続けぬ
               嬰児(みどりご)の昔にかへり
               微笑(ほほえみ)て歌ひつつあり
                                 [孔雀船]より


      ---旅の夜空、旅籠屋に投宿した旅人が、かすかに聞こえる笛の音に母を想い父を偲び、
        かつは人生の谷間の調べにおののきつつ、自らの漂泊の人生を振り返る。---
                                         [Tad翻案]


 伊良子清白は薄田泣菫や蒲原有明とほぼ同じ頃に詩人として活動した。その作風には伝統的な用語と情趣の中に象徴的な手法が感じられ、泣菫や有明らとともに、文語象徴詩の発展に光彩を与えたと言われる。

 清白は大正11年に三重県に移り、医家として終生を送った。この後彼はほとんど詩作することなく、昭和21年に没した。
                                       [1999年11月記]



                     

                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に移る。
                    トップページ に戻る。