宵待草---竹久夢二



                      宵 待 草

                 まてどくらせどこぬひとを
                 宵待草(よいまちぐさ)のやるせなさ
                 こよいは月もでぬそうな。
                            (夢のふるさと----宵待草)


  竹久夢二、本名茂次郎は岡山県に生まれた。早稲田実業学校を中退後、新聞や雑誌に絵を描いて画として出発した。一時期平民運動機関誌に挿し絵を描いたが、彼の絵の特質は耽美的、懐古趣味、異国趣味な女性を表現することにあり、彼が創造したつぶらな瞳を持つ、哀愁の中にも夢見るような美人画は、雑誌を通して大正期の大衆の心を広くとらえた。


                   ゆうくれがたに

                   ゆうくれがたに
                   そよ風の
                   そっと
                   しのんで
                   きたことも
                   夜の河原で
                   待宵草(まつよいぐさ)の
                   ほのかに
                   白くさいたのも
                   見たのは
                   若い月ばかり。
                         (青い小径 ---- ゆうくれがたに)


 夢二は、その特長ある美人画とともに、約百八十の詩、約四百三十首の短歌、さらに百五十余の小唄や百余編の童謡を発表している。中でも1913年に作られた「宵待草」歌は大正末期に流行歌として大流行した。
 そのほか、夢二の詩が持つ優美な叙情的風趣と平明な口語詩形は、その大衆性によって広く受け入れられ、この時代、詩が広い影響力を持つようになったとのこと。

 だが学生時代、その大衆性ゆえに私はこの歌を余り高く見ていなかった。そのくせ、よく口笛でこのメロディを吹いたものである。そして今では私にとり忘れられない歌の一つとなっている。

 夢二は自身が漂泊の人生を送り、妻など三人の女性を愛したと語られている。
 昭和9年、竹久夢二は51歳で没した。
                                      [2000年1月記]



                     

                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に移る。
                    トップページ に戻る。