隠れた象徴詩人---三富朽葉

               


                  斜に注ぐ雨、
                  雨のしぶき、
                  憂(うれ)はしく、悩ましい
                  心の・・・跡、跡、跡。

                     動いて止まぬ
                     安楽椅子の
                     底深く
                     陥る悪夢。

                  支那の歌の
                  麗しい、滑かな節節が
                  騒がしい此の昼の
                  眠りを誘ふ・・・

                      花壇を縫うて
                      ひそやかに
                      歩み入る雨の足、
                      いつしか緑の苔の白み行くまで、
                      ・・・・・・・・・・・・
                      ・・・・・・・・・・・・
                                   (二階より)


          雨のしぶきの跡は、さながら憂い悩む心の軌跡のようだ。
          昼下がり、麗しい中国の歌に眠りを誘われ、安楽椅子にもたれて
          見る夢は、底深い人生の悪夢か。
          雨足が花壇にまでひそやかに歩み入るように、憂いや悩みは私の
          心の奥底までも踏み込んでくる。
                                      [Tad翻案]



 ある日、日本近代詩集に目を通していたところ、この詩に行き当たって思わずはっとした。何となくヴェルレーヌの詩「都に雨の降るごとく」に似た印象を受けたのだ。そこでこの詩を繰り返し読み、さらに同じ作者の他の詩にも目を通した。・・・・・数年前の事であった。


 三富朽葉。明治22年に長崎県で生まれた。のち東京に移り、早稲田大学英文学科を卒業した。中学在学中から諸文芸誌に詩や短歌を投稿したという。大学卒業後、朽葉は作家として詩や評論を発表していたが、明治43年頃からフランスのランボー、マラルメ、ボードレールなどのフランス近代詩人の影響を受け、次第に象徴主義に近づいた。ここに取り上げた作品はまさに象徴詩そのものと言えよう。


 大正6年、朽葉は友人とともに千葉県犬吠埼で遊泳中に溺死した。享年僅か28歳であった。このため、朽葉の作品は数少なく、人に知られることもなく隠れてしまった。だが、その研ぎ澄まされた感性の描く青春の憂愁は、白秋、八十、あるいは拓次に劣るものではないと思う。


 朽葉は雨が好きらしい。彼の「雨の唄」を、紹介する。


               緑の苔も白み行く
               此の麗しい雨の時
                  わが指は火の如く
                  此上(こよ)ない虹を胸に描く

               雨の抛(はな)つ蠱(まじ)の唄
               生命(いのち)の苑(その)の蠱の夢
                  わが渇く唇は
                  黄金(こがね)の春を喉に摘む

              又新しく爽やかな憂愁(うれい)の祭礼(まつり)――
                   昨日は悲しみ 明日は死(しに)
              色も香も悩ましく雨に塗(まみ)れて
              花と策 魂の花 今日のわれ

         おお降り注ぐ浄らかさ 此の生(せい)の時――
         豊かさ 優しさ 麗しさ 此の雨の時――
                              [雨の唄]
                                    [2000年2月記]



                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。