明治黎明期の詩人---北村透谷

              

                      ほたる

                夕べの暉(ひかり)をさまりて、
                    まづ暮れかかる草陰に、
                わづかに影を点(しる)せども、
                    なほ身を恥づるけしきあり。
                羽虫を逐(お)ふて細川の、
                    浅瀬を走る若鮎が、
                静まる頃やほたる火は、
                    低く水辺をわたり行く。
                腐草(ふそう)に生をうくる身の、
                    かなしや月に照らされて、
                もとの草にもかへらずに、
                    たちまち空に消えにけり。


         羽虫を追って浅瀬を泳ぎ回っていた若鮎が動きを止める頃、ほたるは
         水辺を低く飛び始めた。
         浮き草の影に生きてきたその身を月に照らされ、あわれ、はたるは
         もとの草陰に帰らず空のかなたに消え去った。

              -----私はどこで生きたらよいのだろうか-----
                                      [Tad翻案]


 日本近代詩は、明治15年、外山、矢田部、井上が発行した「新体詩鈔」をもって初めとするといわれる。しかしながら、島崎藤村、土井晩翠、国木田独歩らが真の意味での日本近代の抒情詩人、叙事詩人として登場したのは、それより15年下った明治30年頃であった。

 その15年の間に、何人かの注目すべき黎明期の詩人がいた。北村透谷はその中の一人で、ここに取り上げた「ほたる」から読みとられるように、近代人としての自我の自覚や憂愁の情感を、陰影のある抒情詩として表現している。

 北村透谷は明治元年に神奈川県で生まれた。後東京に移り、明治16年に東京専門学校に入学した。一時政治を志したが、明治22年に長編詩「楚囚の詩」を発表、著述業に入った。

 彼には、「厭世家と女性」、「人生に相い渉るとは何の謂いぞ」など、いくつかの厭世的な著述がある。上の「ほたる」にも、何となくこの世を厭うような雰囲気が感じられる。それあるかあらぬか、透谷は明治26年に自殺未遂を起こし、翌明治27年に自宅で縊死した。
 享年僅か27歳であった。


 明治36年、第一高等学校生の藤村操が、「人生は不可解」の遺書を残して、日光中禅寺湖から流れる出る華厳の滝に身を投じて自殺した。

 「人生と死」は、私の高等学校時代を通じて、求めて答えの得られぬ大きな課題であった。
                                     [2000年3月記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。