孝女「白菊」の歌---落合直文


                     阿蘇の山里秋深けて
                     眺寂しき夕まぐれ
                     いずこの寺の鐘ならむ
                     諸行無常と告げわたる。
                     折しも一人門に出て
                     父を待つなる少女あり
                     年は十四の春浅く
                     色香深めるその様は
                     梅か桜か分かねども
                     末頼もしく見えにけり。



 今では死語となってしまった「孝女」という言葉。だが我々の少年時代には、「孝女白菊」という物語は絵本として出版され、学校の図書室や教室でいつでも読むことができた。絵本の挿し絵の美しさと、何よりもその波瀾万丈な筋書きに惹き付けられて、はらはらしながら読み耽った小学生時代を想い出す。

 作者「落合直文」は明治17年から22年にかけての兵役中に、阿蘇地方で語り継がれた実話に基づいてこの詩を兵営内で作り、除隊後さらに推敲を重ねて発表した。全編三章、552節からなる七五調の長編物語詩で、当時一世を風靡した作品と言われる。



                      あらすじー1

     熊本の士族でありながら薩摩軍に加わったために、今は元賊兵として阿蘇に身を隠
     して住んでいる親娘。その父親がある日狩に出たまま戻らない。あわれ14歳の娘は
     待ちかねて、一人で父親を捜しに山に入った。
     山道を分け入るうちに夜となり、灯火を求めてたどり着いた先は杉松林の中の山寺。
     夜分の訪れの訳を聞き、寺僧は娘を内へと招じ入れる。やがて娘の語る身の上話
     に、寺僧は顔色を変えもらい泣きした。何か深い思いがあるのか、娘にその夜は寺
     に泊まることをすすめた。
     山寺での仮寝の中、娘の夢に父親が現れた。父親は狩の途中足を滑らして谷底に
     落ち、そこを出るすべがないのだと。
     娘は父親の裾を引き留めようとして夢から覚めた。耳に入るのは寺僧の読経の声。


                   嵯峨野の奧に調べけむ
                   想夫恋には有らねども
                   父の行方を偲ぶなる
                   心は何か変るべき。
                   峯の嵐か松風か
                   尋ぬる人の琴の音か
                   ひとり木陰に佇みて
                   聞きいし人は誰ならむ。
                   尋ぬる人の爪音と
                   いよよ心に覚りけむ
                   調べの終る折しもあれ
                   斬りて入りしぞ勇ましき。


                     あらすじー2

      夜も明けやらぬ間に娘は山寺を出て、もの暗い杉林をたどる。折りしもどこか
      らか山賊が現れ、娘をとらえて山の崖道を歩き、破れかかった家へつれ戻る。
      家の中では男達が酒と肴を飲み喰らい、その有様はさながら鬼のよう。やがて
      頭とおぼしき者が娘に自分の妻となれと脅し、今日の祝いに琴を弾けと迫る。
      いやだと娘は思ったが、泣く泣く琴を弾く。
      その琴の調べを木陰で聞く男が一人。琴を弾く娘が探し求める人と覚ってか、
      曲が終わると勇ましくも刀を振るって斬り込んだ。
      墨染めの衣を纏ったその男は昨夜の寺僧。賊を追い払い、娘の手を取り窓辺に
      よって、自分はおまえの兄だと告げた。自分は親の怒りを買って家を飛び出し
      各地を流れ歩いた後、国に帰ってみると戦争で故郷は荒れ果てていた。浮世の
      ことが嫌になってあの山寺に隠れ住んだのだ。昨夜はおまえに我が身の上を
      告げかねたのだと。
      こうしておまえを賊から助け出した今、自分として思い残すこともなく、父に
      会う顔(かんばせ)もない、と兄は刀をとって腹を切ろうとするのを妹が止め
      る。折しも空の霜は白く月影は雲間に消え入り、雁の啼き声が遠くに聞こえた。


                   しげる夏草踏み分けて
                   軒端を近く立ち寄れば
                   忍草の露散りて
                   袖に掛かるも哀れなり
                   妻戸押し開け内見れば
                   怪しく父はましましき。
                   此方の驚き如何ならむ
                   彼方の嬉しさ又如何に
                   父上幸くと音なへば
                   子らも幸くと答ふなり。


                     あらすじー3

     兄妹が山道を逃げていると、昨夜の山賊が後を追ってきた。兄の寺僧は、自分が
     ここに残って山賊をくい止めるから、おまえは一人で逃げろと言う。兄に心は残っ
     たが、妹は辛くも逃げ延びた。道のほとりの神社で兄の安全を祈っているところに、
     柴苅る老人が尋ね寄る。身の上を聞き娘を哀れんで自分の家につれて帰る。
     父や兄のことを気にかけつつも、早くも3年が過ぎ去った。山家に住む娘の色香の
     美しさを聞き伝えて、村長が嫁にとその老人に請うた。請われるままに老人はそ
     の申し出を受け、娘に伝える。
     娘は嘆き悲しんだ。実は母は亡くなる枕元で、娘にお前は白菊の咲き誇る野辺での
     拾い子、だからお前の名を白菊と名付けた。お前は知らないだろうが、お前には
     家出した兄がいる。その兄が帰ってきたら、父上の許しを得て夫婦になるようにと
     言われたのだ。
     この言葉を想い出し、娘は老人の家を逃げ去り、今はさらばと川に身を投じようと
     した。南無阿弥陀仏と口ずさみ、まさに身を投げ出そうとしたその時、待てと呼び
     止められた。娘を呼び止めたその人は、3年前に賊に追われて別れ別れになった兄。
     兄妹は手を取り合って家へと急いで帰る。夏草を踏み分け、妻戸押し開いて内を
     見れば、そこには父がいるではないか。
     父は谷に落ち、長らくそこから出られなかったが、ある日、藤かづらが垂れ下がっ
     ていたので、これに縋って谷から出てきたとのこと。

                   父の言葉を聞き居たる
                   二人の心や如何ならむ
                   嬉しと兄の立舞えば
                   楽しと妹も歌ふなり。
                   千代に八千代と云い云いて
                   ともに喜ぶ折しもあれ
                   後ろの山の松ヶ枝に
                   夕日懸かりて鶴ぞ啼く。
                           [落合直文--孝女白菊] より


                                          
 この詩のすばらしさは、島崎藤村や土井晩翠がそれぞれ日本近代抒情詩や叙事詩を発表する10年も前に、落合直文が新体詩としての長編物語詩を発表したことで、おそらく日本近代詩の先駆をなす作品の一つと言えよう。だが、今日ではこの詩の全文を目にすることが殆ど不可能に近いのは残念だ。

 直文は皇典講定所講師として職を得、後には第一高等学校教授になった。また浅香社を興して和歌の改革に努め、国語教育に尽力した他、森鴎外らと訳詩集「於母影」を編纂し、新体詩の文学としての可能性を実際に証明したと云われる。さらに彼の門下生には、雑誌「明星」を創刊し明治浪漫主義の興隆に力を尽くした与謝野鉄幹がいた。
 明治30年、直文は43歳で没した。



     物語詩「孝女白菊」の原文は今日殆ど閲読不能である。たまたま、吉村陸太郎氏の
     ホームページに全編が掲載されていることを知り、同氏のご了解を得てこのページを作
     成することができた。ここに厚くお礼申しあげる。
     なお、吉村氏のホームページへのリンクは別ページのリンク集にあるので、是非ご訪問
     いただきたい。


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に移る。