耽美派の詩人---木下杢太郎


                      緑金暮春調

         ゆるやかに、薄暮(くれかた)のほの白き大水盤に
         さららめく、きららめく、暮春(ゆくはる)の鬱憂(めらんこりあ)よ。
         その律(しらべ)やや濁り、緑金の水沫(しぶき)かかれば、
         今日もまたいと重くうち湿り、空気淀みぬ。

         おぼろかに暈(ひがさ)して落日(いりひ)いま薄黄にけぶり、
         青銅の怪魚(けぎょ)の像、蒼白(あおじろ)う鱗(うろこ)かがやく。

         恋の子ら手を翳(かざ)し、わりなしや、木の間をすきて、
         大空ににじみゆく悲哀(かなしみ)の淡藍色(みずいろ)ながめ、
         すずろにも胸いだき涙する時しもあれや、
         ひそに、さと、あな少時(しばし)、窓もるる二部唱(づえっと)の声・・・

         「古き世の、古き世の愁(うれひ)ゆえ弦(いと)しみだるる。」
         「さば星の影明(あ)かる彼(か)の島に、しえてるの島に
         わが小舟(おぶね)よせなむに、などてさは歎(なげか)ふ--と云ふ。」
         「この舟の、この弦の、この恋の朽ちば--と答ふ。」
                                    [後半続く]

       ほの白い大水盤の水面は、さらさらときらきらと、まるで光を反射するように、
       晩春の憂鬱な気持ちを反映している。
       かさをかぶった落日からの薄黄色の陽を浴びて、青銅の魚の像の鱗は、蒼白
       く輝いている。
       恋する二人が手をかざして仰ぎ見ると、木の間から見える空は、さながら悲し
       みの色。空虚な胸を抱いて涙する二人に、おりしも、嘆きの二重唱が聞こえて
       くる。


 木下杢太郎。名前が何となく古めかしく、私としては余り近づかなかった詩人であった。だが、明治末年から大正初期にかけて、杢太郎は耽美派文学の若きチャンピオンとして活躍したと伝えられる。木下杢太郎は、明治18年に静岡県加茂郡(現伊東市)に生まれた。中学時代に画家たらんと志したが許されず、明治39年東京帝国大学医学部に入学した。在学中に詩作活動に入り、北原白秋、吉井勇らと親交を結んだ。
 明治44年に大学を卒業、大正5年に南満医学堂教授兼奉天医院皮膚科部長として満州に赴任するまでの期間、杢太郎は医業の研鑽とともに、活発に詩作活動を続けた。



         花ちりつ、花ちりつ、灯に揺れて花ちりちりつ。
         ともすれば深みゆく心の沈黙(もだし)うち擾(みだ)し、
         わかき日の薄暮(くれかた)の竪笛(おおぼえ)は泣きこそさぐれ、
         石楠花(しゃくなぎ)の葉も垂れて、ああつひに怨恨(うらみ)も暮るる。

         かつしかつしむらむらばっと「時」の足、恋慕、なげかひ、
         歌、小唄、楽譜の精霊(たま)ら黒みゆく丘を逃げかふ。

         ああ暮春、この堂の錆びし扉(と)は音なく鎖(さ)され、
         西の空暫々(やや)明り、濃き空気おぼめきたるを、
         ただひとり今もなほ、ゆるやかに、さはれ悲しく、
         さららめく、きららめく、ほの青き鬱憂(めらんこりあ)よ。


       花が灯(ともしび)の中を揺れるように散り、私の心を乱す。夕暮れの中を
       オーボエの音が泣くように流れ、石楠花の葉も私の心も悲しみに暮れる。
       かつかつ、ぱらぱらと時は流れ、恋、悲しみ、歌などが暮れゆく丘を逃げ
       まどう。
       やがて晩春の扉は音もなく閉ざされ、私の青いメランコリアはただ一人、ゆる
       やかに悲しく、さらさらと、きらきらと揺れる、流れる。      [Tad翻案]


 けだるいばかりの青春の憂愁を、杢太郎は独自の語法でうたう。ここには主張もなく、ただ晩春の夕日に照らされる水面のさざ波や、夕闇に散る花や流れる調べに託して、青春の美を官能的に、やや頽廃的に表現している。けだし、杢太郎が高踏派、耽美派の詩人と呼ばれるゆえんであろう。

 杢太郎は30歳を過ぎて詩と決別し、この後大学で医学を教える傍ら、エッセイストとして文筆活動を続けた。 昭和20年、60歳で没した。
                                     [2000年5月記]


                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に戻る
                  トップページ に戻る。