年年歳歳花相似たり---劉廷芝



        代悲白頭翁          白頭を悲しむ翁(おきな)に代わる

         洛陽城東桃李花        洛陽城東桃李(とうり)の花
         飛来飛去落誰家        飛び来たり飛び去って誰(た)が家にか落つ
         洛陽女児惜顔色        洛陽の女児顔色を惜しむ
         行逢落花長嘆息        ゆくゆく落花に逢うて長く嘆息す


      洛陽城(現河南省洛陽市)の東にある桃園の花びらがひらひらと近くの家の屋根に落
     ちかかる。いつまでも若さを保ちたいと願う洛陽の若い女性が、花びらの落ちる情景を
     見てため息をついた。

                ----    ----    ----
 劉廷芝(りゅうていし)は中国初唐の詩人である。この詩は彼の傑作の一つであるが、人生のはかなさを白髪の老人の嘆きとして詩に表現したもの。それぞれの語句は大変素晴らしく、漢詩を愛する人にとって思わず口をついてでてくる名句が連なる。しかしその詩の心はうら悲しい。
                ----    ----    ----


         今年花落顔色改        今年花落ちて顔色改まり
         明年花開復誰在        明年花開いてまた誰かある
         巳見松柏摧為薪        巳(すで)に見る松柏くだけて薪となるを
         更聞桑田変成海        更に聞く桑田変じて海となるを


      今年花が落ちればそれだけ年をとり容色も衰える。来年花が開いたとき誰が生き
      ているだろうか。歳月は速く過ぎる。見事な松柏が枯れて薪となり、桑畑がいつ
      しか海になることもある。

                ----    ----    ----
 桃の花が散るのを見て、桑畑が海になると連想するあたり、いかにも中国的な表現だ。
                ----    ----    ----


         古人無復洛城東        古人また洛城の東に無し
         今人還対落花風        今人還(かえ)って対す落花の風
         年年歳歳花相似        年年歳歳花あい似たり
         歳歳年年人不同        歳歳年年人同じからず

      昔、洛陽城の桃の花を楽しんだ人達は既に亡くなり、今我々が花の散るのを見
      て嘆いている。毎年美しい花は同じように咲くが、この花を見る人々は毎年変
      わっているのだ。

                ----    ----    ----
 この「年年歳歳花相似 歳歳年年人不同」という一節はあまりにも有名で、ある小説家はこの句を想い出しながら自分の小説のタイトルに「花」の一字を入れているほどだ。
                ----    ----    ----


         寄言全盛紅顔子        言を寄す全盛の紅顔子
         應憐半死白頭翁        憐れむべし半死の白頭の翁
         此翁白頭真可憐        この翁白頭真に憐れむべし
         伊昔紅顔美少年        これ昔紅顔の美少年

       若さの盛りにある美少年が、あの白髪の老人はかわいそうだと語りかけてきた。
       その通り、この老人の白髪は真に憐れで、じつのところ昔は紅顔の美少年だっ
       たのだ。

                ----    ----    ----
 美少年が白髪の老人を憐れんでいる情景を描きながら、劉廷芝は実はその少年に、やがてはお前も同じ運命だよと婉曲に告げている。
                ----    ----    ----

         公子王孫芳樹下         公子王孫芳樹の下(もと)
         清歌妙舞落花前         清歌妙舞落花の前
         光禄池台開錦繍         光禄池台錦繍を開き
         将軍楼閣画神仙         将軍の楼閣神仙を画(えが)く

        王侯貴族の子女が満開の花の下に集まり、散る花びらの前で楽しげに歌い
        踊る。彼らの屋敷は錦布のように美しく、将軍の楼閣には不老不死を願っ
       て神仙が描かれている。

                ----    ----    ----
 王侯貴族の子女が楽しげに舞い歌い、その住む屋敷は栄耀栄華の極みである。だが若さは、又栄華はいつまで続くのかと、劉廷芝は反語的に問う。
                ----    ----    ----


         一朝臥病無相識         一朝病に臥してあい識るなし
         三春行楽在誰辺         三春の行楽誰(た)がほとりにか在る
         宛転蛾眉能幾時         宛転(えんてん)たる蛾眉(がび)よく幾時ぞ
         須臾鶴髪乱如糸         須臾(しゅゆ)に鶴髪乱れて糸の如し

       王侯貴族の子女が年老い病に臥すと誰も尋ねてこなくなる。あの春の行楽は
       どこへ行ったのか。女性の美しさは長くは続かない。あっという間に白髪、
       やがてその白髪も糸のように乱れてしまう。

                ----    ----    ----
 「蛾眉」とは女性の美しい眉のことで美人そのものも指す。その美人も年老いれば惨めだ。
                ----    ----    ----

         但看古来歌舞地         ただ看る古来歌舞の地
         惟有黄昏鳥雀悲         ただ有り黄昏鳥雀の悲み

        眼前は昔の歌と踊りの舞台の跡。今はたそがれ時に鳥や雀が来て悲しげに
        囀るだけだ。
                              [TAD翻案]
                ----    ----    ----


 人生のはかなさを詠んだ詩は、洋の東西、古今を問わず、数限りない。その中でこの詩は私の記憶に強く残る。

 この詩は太平洋戦争の空襲のさなか、課外授業で「チンダル(ちびだるまの略)先生」が教えてくれた。先生は漢文としてだけではなく、この漢詩の美しさを、声で、心で教えてくれた。今の中学生や高校生は、古文や漢文を文学として学校で教えられているのだろうか。
                       [2000年5月記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。