追憶の詩(3)---A. テニスン

               


              When rosy plumelets tuft the larch,
                  And rarely pipes the mounted thrush;
                  Or underneath the barren bush
              Flits by the sea-blue bird of March;

              Come, wear the form by which I know,
                  Thy spirit in time among thy peers;
                  The hope of unaccomplish'd years
              Be large and lucid round thy brow.
                             [From --- IN MEMORIAM]

              -----      -----    -----    -----

          バラ色の新芽が落葉松(からまつ)にふさふさと生えるとき、
              つぐみのさえずりが樹々の間からかそけく聞こえるとき、
              あるいは、海のように青い三月の鳥(かわせみ)が
          まだ葉をつけていない枝から枝へと飛び回るとき。

          愛する人よ、仲間と楽しく過ごしたときの気持ちで、
              私が知っている姿になって帰ってきてほしい。
              この世では成し遂げられなかったあなたの望みを
          大きく輝かしげに額に巻き付けて帰ってきてほしい。     
                                     [Tad翻案]
             -----      -----    -----    -----                 

 アルフレッド・テニスンはイギリス、ビクトリア朝時代の代表的な詩人である。1809年、聖職者の家庭で8男4女の4男として生まれた。幼くして詩作に興味を示し、才能を表した。

 1927年にケンブリッジ大学に入学したが1832年に父親が死去したため、テニスンは学位を取得しないまま、ケンブリッジを去った。この僅かな在学期間中にテニスンはアーサー・ハラムとの親交を深めたが、1833年、ハラムが突然この世を去った。
 テニスンは親友の死によって精神的に打撃を受け、以後の10年は一切詩作発表しないとの誓いを立てたという。

 1850年、亡き親友ハラムを偲んで哀詩「インメモリアム(追憶の詩)」が発表された。17年がかりで書き上げられたこの詩は、率直のところ長く難解で、この詩に当惑した読者が多かったといわれるが、イギリス文学における最も偉大な哀歌として変わらぬ地位を占めており、テニスンが親友ハラムを思う気持は、この長編詩のあちこちにちりばめられている。


   この詩を、平成8年7月にこの世を去った娘の霊前に手向ける。
                                    [2000年7月記]


                    

                     想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。