秋 --- 高橋元吉

                      


             秋が来た
             空を研(と)ぎ雲を光らせて
             浸み入るようにながれてきた
             すべてのものの外皮が
             冴えわたって透きとほる
             魂と魂とがぢかにふれあふ
             みな一様に地平の涯に瞳をこらす
             きみはきかないか
             万物が声をひそめて祈ってゐるのを
             どこかに非常にいい国があるのを感じてゐるのだ !
                                  [詩集--遠望]より


         秋。それは、ぎらぎらとした陽射しや肌にまとわりつく湿気の多い夏とは
        異なり、透明な季節。
        やや肌さむを感ずる秋の夕暮れ、黄金色に輝く雲を背景にして落ちる夕陽
        をひとり眺めて感ずる秋の季節感と情感を、高橋元吉は純粋な精神の高ま
        りの言葉に置き換えて表現している。
        人間の魂の純なる美しさを、元吉はこの詩の中で唱っているのだ。



 高橋元吉は明治26年に群馬県前橋市に生まれた。前橋中学を卒業。大正初期に武者小路実篤、柳宗悦らの白樺派の文人と交遊を深め、特に地元の萩原朔太郎とは相互に文学的影響を与え合ったという。

 萩原朔太郎は、この「秋」に対して次のように論評している。

      「清明にして純透、真に秋空の如く澄んだ著者の気品と、その永遠の未知国に
      対する浪漫的精神は、この一編の詩の中に尽くされている。」


 また元吉は、悲しみを次のようにうたう。

              胸の底がいきなり陥(お)ちこみ
              悲しみがなだれこんできた
              ひとりになり
              まどのところへ行った
              その瞬間
              みるみる世界が凝縮するかと思はれた
              絞られるかのやうに
                              [胸の底が] より


 この悲しみは一体何であろうか。判らない。だが悲しみの極みの表現として「胸の底がいきなり陥ちこみ」、悲しみは絞られ、世界が凝縮する。悲哀の極致は凝縮して無となるのか。

 元吉は故郷で生家の書店経営を受け継ぎ、昭和40年に没する。享年72歳であった。
                                    [2000年9月記]


                    
 
                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に移る。
                  トップページ に戻る。