ほほじろの声---中 勘助

                

                 ほほじろの声きけば
                 山里ぞなつかし
                 遠き昔になりぬ
                 ひとり湖のほとりにさすらいて
                 この鳥の歌をききしとき
                 ああひとりなりき
                 ひとりなり
                 ひとりにてあらまし
                 とこしへにひとりなるこそよけれ
                 風ふき松の花けぶるわが庵に
                 頬白(ほほじろ)の歌をききつつ
                 いざやわれはまどろまん
                 ひとりにて
                               [ ほほじろの声 ]

          ・・・・・・一人になってしまった。いっそのこと一人いたい。
          ずっと一人でいたい。
          湖のほとりをさすらいながらそんな思いにとらわれた昔のことを、
          頬白の鳴き声を聞くと思い出す。
          松の花粉が風とともに飛んでくる私の庵。その庵で、頬白の鳴き
          声を聞きながら、一眠むりしよう。ひとりで・・・・・


 わずか13行の短い詩の中に、中勘助は6回も「ひとり」という言葉を使っている。よほど胸迫る悲しみを味わったのであろう。愛の傷心か、愛する人の死か。一生を一人でいたいと思うほど胸破れるばかりの悲しみを味わったのであろう。

 中勘助。その名前の古臭ささと、彼の詩集を手にすることが難しかったことで、私が彼の詩に目を通したのはつい最近のことであった。
 勘助は明治19年、東京に生まれた。旧制第一高等学校から東大に進み、英文学・国文学を学んだという。北原白秋は彼より1歳年上で、石川啄木、萩原朔太郎は同年である。これらの詩人は、それぞれの感性と語法で、日本近代詩歌の発展に大きな足跡を残しているが、勘助は平易な文語体で難しい漢字をほとんど使うことなく、彼自身の抒情詩をひっそりと詠っている。勘助は当時の詩壇ともほとんど接触がなかったらしい。


              ああこよひ我は富みたり
              五勺(しゃく)の酒あり
              塩鮭は皿のうへに高き薫りをあげ
              湯気たつ麦飯はわが餓ゑをみたすにたる
              思へば昔
              家を棄て
              世を棄て
              人を棄て
              親はらからを棄て
              瞋恚(しんい)や     (注:激しい怒り)
              狂乱や
              懐疑や
              絶望や
              骨を噛む心身の病苦に悩み
              生死の境をさまよひつつ
              慰むる者とてなく息づきくらし
              または薬買う場末の町の魚屋にならぶ
              塩鮭のこのひときれにかつゑしこともありしな
              見よや珊瑚(さんご)の色美しく
              脂にぬめるあま塩の鮭のきれは
              われにその遠き昔をしのばせ
              そぞろに箸をおきて涙ぐましむ
                                  [ 塩 鮭 ]


 家も棄て世も棄て、骨を噛むほどの心身の苦痛と貧困に悩んだ昔。わずか一切れの鮭と五勺の酒、そして湯気立つ麦飯のある今の生活に豊かさを感ずる勘助は、その昔、何に苦しんだのであろうか。

 今手元にある彼の詩に目を通すとき、その何れにも、勘助は自らの過去のある時期における不安の心情を詠っている。その彼の不安な叫びがこの「塩鮭」に凝縮して書き表されているように感じられる。

 中勘助は昭和45年に没した。享年80歳であった。
                                     [2000年10月記]



                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。