夕日の光---千家元麿

                  

                夕日の光が
                美しく流れてゐる
                何といふ美しさだらう
                家も畠も道も人も
                金色に染まってゐる
                まるで火の海だ
                微風が生じて
                木々や草が優しく戦(そよ)いでゐる
                小さな子供が四五人
                道の上に立って夕日の沈むのを見てゐる
                顔も姿も灯火ののやうな赤い光に
                照らされて透きとほるやうだ
                あヽ夕日の光は
                平和な楽しい世の光り
                いづくにも楽しみが生きかへるやう
                夕日はいま世界を活気づけてゐるのだ
                                 [詩集--野天の光り]


 落日を見るとき、人は淋しさを感ずることが多い。しかし、千家元麿は「夕日の光り」に照らされて金色に染まった家や畠に美しさを感じ、沈む夕日を見ている子供たちを赤い光りが透き通るように照らしていると描写して、夕日の中に美しさと活力を見出している。平易な表現の中に純粋で高揚した美しさを謳い上げ、元麿独自の詩の境地を展開している。

 千家元麿は、明治21年、東京に生まれた。父は出雲大社の宮司で、後には東京府知事を経て西園寺内閣の司法大臣となった男爵千家尊福であった。父親の移動に伴って各地の小学校を転転とし、中学校も転校を重ね、結局正式には中学校を卒業していないようだ。ただ中学校の頃からは詩・和歌・俳句を学び、25歳の頃に岸田劉生を介して武者小路実篤を知り、生涯の親交を深めた。これ以降、元麿は白樺派の重鎮として数多くの小説・詩を発表した。



                     廃園の春

               草木の生ひ繁った
               手の入らない
               邸跡(やしきあと)か何かの空地があると
               自分はすぐ心をひかれる
               家の跡は僅かに残ってゐて
               昔は繁ってゐたであらうと思ふ庭は
               まるで藪のように草の生えるまヽだ。
               そこには精力が溢れてゐる
               人間に関せず、自然はそこで賑やかに
               春の宴会を開いてゐる
               樹々の花は散って
               枝々はもう青く
               空気までも青く染まってゐる
               縦横にのびた草は
               老いない土を祝してゐるかのやう
               しんかんとして人気(ひとけ)が無く
               春はそこでどこよりも肆(ほしいまま)に味はへる
                                  [詩集---夜の河]


 元麿は盛んな生命の賛美者として、ここでも人間に忘れられた自然を賛美している。ただ、荒々しい原野ではなく、廃園などといった人間の手を放れた空地の中に、自然の精力と美を見出している。心のどこかで、彼は自然と人間の併存をひそかに望んでいたのであろうか。

 平凡な対象に生き生きとした感動と生命を吹き込んだ元麿。数多くの作品を発表し続けた元麿は、昭和23年3月に没した。享年61歳であった。
                                 [2000年11月記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。