自分は太陽の子である---福士幸次郎



 
           自分は太陽の子である
           未だ燃えるだけ燃えたことのない太陽の子である

           いま口火(くちび)をつけられている
           そろそろ煤(くす)ぶりかけている
           ああこの煙が焔(ほのお)になる
           自分はまっぴるまのあかるい幻想にせめられて止まないのだ

           明るい白光(びゃっこう)の原っぱである
           ひかり充(み)ちた都会のまんなかである
           嶺(みね)にはづかしそうに純白な雪が輝く山脈である

           自分はこの幻想にせめられて
           いま煤(くす)ぶりつつあるのだ

           ああひかりある世界よ
           光ある空中よ

           ああひかりある人間よ
           総身眼のごとき人よ
           総身象牙彫(ぞうげぼり)のごとき人よ
           怜悧(りこう)で健康で力あふるる人よ

           自分は暗いみずぼったいじめじめした所から産声(うぶごえ)をあげた
           けれども自分は太陽の子である
           燃えることを憧(あこが)れてやまない太陽の子である
                                   [詩集--太陽の子]


 「自分は太陽の子である」というこの一節は、旧制富山高校時代に何かの本で読んで頭の片隅に残っていたが、その詩の題も詩人の名前も判らないまま約40年経った最近になって、初めてこの詩の全文に行き当たった。この詩を読み返して、なぜ「自分は太陽の子である」という節が若い自分の脳裏に残ったのかが判るような気がする。

 福士幸次郎。明治22年に青森県弘前市に生まれた。明治36年に青森で中学に入学したが、2年後に教師と衝突して退学、東京に移り国民英学会に学んだ。明治41年に国民英学会を卒業。その頃に俳人としての千家元麿や三富朽葉(詩人)と交遊を深め、自らも詩作に道に入ったという。

 「自分は太陽の子で、まだくすぶりつつあるだけだが、やがてこの煙は焔(ほのお)になるのだ」という理想主義、又自らを「体中が眼のようにこの世を見据え、象牙彫りのような端正な精神、そして怜悧で健康な自分」と誇りつつも、一方では「自分は水っぽいじめじめしたところで生まれたのだ」と自分の精神の出自を卑下している。この詩が持つ、鬱屈した 気質と理想主義が私自身の青春時代の精神構造を反映しているものとして、私はこの詩に 心を捉えられたのであろう。

 幸次郎の詩には長編詩が多いが、その中で次の詩は短いが好篇であるといわれている。



                   ああ平原の彼方に

             ああ平原のかなたに
             夜はまだ明けない
             星は霧の中にさざめき
             水蒸気は冷たく叢(くさむら)をうるほしている
             わが命は濡れて渇(かわ)くことなく
             わが戦いの旗は肩越しにしほれている
             ラッパは夜なかの夢をつづけ
             兵隊は闇間(やみま)に起き伏す草のやうに眠っている

             かかる中にわが魂は目醒(めざ)めて
             一線になっている敵を見る
             遠い睡むっている地平線の先を見る
             葉摺(はず)れの中にただひとりめざめて
             永遠に醒めている眼がひとつある
             それが敵を見る
             睡れる敵と味方の中に
             唯ひとりめざめてそれを見る
                               [詩集--太陽の子]

 この詩は決して戦争の詩ではない。暗い世情の中で明るい未来に憧れ、その接近を予感している幸次郎の理想主義の表現なのだ。

 幸次郎は32歳を過ぎて詩作から離れ、詩評、詩歌論の発表が多くなった。後年には日本各地を回り、郷土論についての作品を著している。
 昭和21年、福士幸次郎は千葉県で没する。享年58歳であった。
                                    [2000年12月記]



                     

                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に移る。
                    トップページ に戻る。