詩集「海の聖母」より---吉田一穂


                     惜 春 譜

              花惜しむ
              雨しづかなる宵
              嗚咽(おえつ)に揺らぐ秉(ともしび)あり。
              その明かり乏しくも
              哀しみに、はた歓びに
              濡れ耀(かがや)く生命の証(あかし)なれば。


             
           春が終わろうとしている。
           静かに雨が降る宵、行く春を惜しむ嗚咽に揺らぐかのように
           灯火が揺れている。
           歓び、哀しみに揺れ動く心の灯火は、たとえ薄暗くとも、
           濡れたように光り輝いている生命の証明なのだろうか。
                                      [Tad翻案]




 大正15年10月、吉田一穂はこの詩集「海の聖母」を刊行した。その序文の中で、一穂は「初期の憧憬と追想、童話(メルヒェン)の感傷的なる夢大き日の抒情詩(リリック)をとりて第一篇とせり」と書いている。この僅か6行の詩の中で、一穂は20歳代前後の青春の感傷を、生命の最頂点にある華やかさを、視覚的に描き上げているではないか。

 吉田一穂。明治31年に北海道上磯郡木古内町で生まれた。大正2年に北海中学に入校したが間もなく退学、12月に家人に内緒で北原白秋の「桐の花」を携えて上京、大正7年に早稲田大学予科に入学した。大正9年に経済的な理由で早稲田を退学、それ以降、童話・童謡、短歌・詩・散文などを寄稿・発表するようになった。


                     五  月

        手に仄透(ほのす)く若葉さやかに影とその匂ひを乱し、
        樹木灌典の愁ひすずろなる五月の雨。

        プラタナスの並木ゆく麦稈帽(イタリアン・ハット)の淡い陽射し。
        近眼鏡に絡(まつわ)る射翠しづかな舗石(ペブメント)の水の明るさ。

        触感(タッチ)の金を散らす雨の緑のまた新しき沐浴(もくよく)の時、
        若さ、麗しさ、わが肌に燻(く)ゆる莨(たばこ)の時。


   
       透き通るような若葉の影と匂いを乱すかのように、
       五月の雨はかすかに街路樹の葉を濡らす。

       雨あがり、プラタナスの並木を行く人のイタリアン・ハットに淡い日がふる。
       舗道に残る水たまりに映える光が、翠となって眼鏡にうつる。

       雨は木々の緑に、かそけく金をまき散らす時。
       あるいは、若く麗しいわが肌に、たばこの煙がたゆたう時のよう。
                                     [Tad翻案]




 この詩集の序文で、一穂は更に「外光のまばゆさに沐浴せる感覚的象徴詩を集めてこれを第二篇にあてり」と述べているが、原色がちりばめられた近代絵画のように、この詩から色彩を目の当たりに感ずる。この色彩感覚は、彼が北原白秋から影響を受けたのではないかと、つい思ってしまう。(北原白秋:邪宗門など)



               亜細亜紀  --  悲  心

        元始の流れ。
        黄土を潜り、のたうつ生きもの。

        流砂(るさ)の東。
        亜細亜(アジア)の地霊は渇(かわ)く。
        崑崙(こんろん)の咒(じゅ)、哈密(はみ)の隊商、楼蘭の「絹の道」。

        新月が消えて行く・・・・・・
        半眼微笑(はんがんみしょう)の石仏(ほとけ)達。



        亜細亜の元始からの歴史の流れ。
        民族の起伏と消長の跡は、黄土をもぐりのたうって続いてきた。

        流砂の続くタクラマカン砂漠の東に、亜細亜の人々の夢が砂の中に
        水が渇くがごとく消え去った。
        コンロン山脈にとなえられた経文、オアシスの町(はみ)に宿る隊商、
        楼蘭を通ずるシルクロードなどの様々な物語。

        その砂漠に新月が落ちて行く。
        敦煌の石仏は、半眼を閉じ唇に微笑みをたたえて、元始からの歴史を見ている。
                                        [Tad翻案]




 一穂は更にその序文の中で、「懊悩や苦悶、悲哀と続く、極めて徐々たる霊魂の曙を経て、新しく苦痛に鎧(よろ)い、掌上に一切を把握せる近来の古典調を帯び来たった高踏派(パルナシアン)の風韻を述べて三段に分かつ」と述べている。
 この「亜細亜紀」にはもはや恋も愁いもなく、亜細亜という地名に表象された歴史の絶えることのない生命を取り上げることで、人類の遠い歴史への郷愁を謳い上げたのであろう。

 吉田一穂は昭和48年、東京都で没する。享年76歳であった。
                                    [2000年12月記]

                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。