詩集「風・光・木の葉」ほか

大木淳夫



                    風・光・木の葉

                  一すぢの草にも
                  われはすがらむ、
                  風のごとく。

                  かぼそき蜘蛛(くも)の糸にも
                  われはかゝらむ、
                  木(こ)の葉(は)のごとく。

                  蜻蛉(あきつ)のうすき羽にも
                  われは透(す)き入らむ、
                  光のごとく。

                  風、光、
                  木の葉とならむ、
                  心むなしく。


             
               一筋の草に、風のようにすがりたい。
               か細い蜘蛛の糸に、木の葉のようにかかりたい。
               蜻蛉(とんぼ)の薄い羽に、光のように入りたい。
              
               心をむなしくして、風、光、木の葉になりたい。
                                      [Tad翻案]




 なんと美しい詩であろうか。思わず繰り返して読みたくなる。
 だが、なんと繊細な詩であろうか。自然の微妙な情感を、孤独の中、淡く描き出したいと言葉を選んでささやくように歌う。
 最近友人に紹介されるまで、実は私はこの詩を知らなかった。

 大木淳夫。幼名軍一。明治28年に広島市に生まれた。広島商業学校卒業後東京に出て、出版社に勤務のかたわら正則英語学校・アテネフランセへ通って英・仏語を勉強した。まもなく、淳夫は出版社を退社したが、このころ北原白秋の知遇を得て、大正12年に白秋と山田耕筰が創刊した 「詩と音楽」 にこの「風と光と木の葉」 を発表して、文筆生活に入った。
 北原白秋は、淳夫の第1詩集「風と光と木の葉」に序文を寄せ、この詩集を「同種同血の親愛」と述べ、淳夫が白秋抒情の正統を継ぐものと、その作風を高く評価した。


                    小  曲

                    想ひ
                    かすかに
                    とらへしは、

                    風に
                    流るる
                    蜻蛉(あきつ)なり。

                    霧に
                    ただよふ
                    おちばなり。

                    影と
                    けはひを
                    われは歌ふ。


 この詩で、淳夫は 「風・光・木の葉] よりさらに口数が少なく、小さな想いを歌う。「とんぼとおちば」 を象徴的に取り上げ、自然の実体ではなく 「影とけはい」 だけを歌うことで、自然との合一を求めているかのよう。


                     亡びの門

             青春は、げに華麗なる蛾の羽搏(はばた)き、
             一瞬の栄え、
             きのふ、すでに、わが祭りは散りゆけり、
             陰影のごとく、落ち葉のごとく。

             さて、古風なる、雅(みやび)やかなる、また聖なる
             笙(しょう)と鼓(つづみ)と笛の祭りも・・・・

             今は見よ、末人(まつじん)の末期(まつご)の乱舞、
             黄金と剣と肉の祭りの
             獣(けもの)のごとく地を統(す)べたるを。

             ああ、廃れゆくものゝ美しさ、
             世も、われも亡びの門の嘆きにあり。


         
          青春とは、華麗な蛾が羽ばたくかのよう、その栄華は一瞬だ。
          人生の祭りは、影のように落ち葉のように、散り去った。

          古風な、みやびやかな祭りは、いつしか人生の末期を迎えて
          黄金と剣と肉の獣の祭りとなって終わる。
        
          廃れゆくものの美しさ。だが、それは滅び行く門の前での嘆きか。
                                      [Tad翻案]



  淳夫は、この詩ではとても饒舌である。語彙も豊富である。しかし 「影と落ち葉」 はここにも顔を出している。耽美的な情感も、強く生きる気持ちも、ここにはない。この詩で淳夫は、動揺する戦前の日本の混乱を訴えようとしたのだろうか。

 淳夫は太平洋戦争中は軍部に徴用され、南方戦線に従軍し、青年将兵の気持ちを歌った。だが敗戦後、日本詩壇は淳夫を戦争詩人と呼び、強く批判したという。しかし、この繊細な口数の少ない詩人が、果たして戦争を賛美したのだろうか。生死の岩頭に立つ青年将兵を、詩を通じてなお戦場に狩り立てる厚顔さがあっただろうか。
 自らの反省と苦悩の中、敗戦後もなお詩作を続けた淳夫は、昭和52年、享年82歳で没した。
                                       [2001年2月記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。