ハムレットと日本近代詩の誕生


                       Hamlet

               To be or not to be: that is the quetion;
               Whether 'tis nobler in the mind to suffer
               The slings and arrows of outrageous fortune,
               Or to take arms against a sea of trouboles,
               And opposing end them?
                             [ William Shakespeare ]

                          (ハムレット:第3幕第1場より)




 明治15年春、東京大学の一隅にあった文部省編纂書で、東京大学の助教授を兼ねて「東洋哲学史」の編纂に当たっていた井上哲治郎のもとに、同じく東京大学で植物学を講じていたアメリカ帰りの矢田部良吉がやってきて、こんなものを書いたから見てくれと、一枚の原稿を差し出した。それは「シェークスピール氏ハムレット中一段」と題した、次の一文であった。


           ながらふべきか但し又      ながらふべきに非らざるか
          爰(ここ)が思案のしどころぞ   運命いかにつたなきも
          これに堪ふるが大丈ら夫か   又さはあらで海よりも
          深き遺恨に手向かふて      之を晴らすがものヽふか


 矢田部良吉が来た翌日、東京大学で心理学を教えていた外山正一(とやままさかず)が編纂所に井上を尋ねてきて、之を見てくれといって差し出したのが、前日矢田部が訳したのと同じハムレットの科白の部分であった。


        死ぬるが増(まし)か生くるが増か   思案をするはここぞかし
         つたなき運の情なく          うきめからきめ重なるも
        堪(こら)へ忍ぶが男(おのこ)ぞよ  又もおもへばさはあらで
         一そのことに二つなき         露の玉の緒うちきりて


 西洋の作品をこのような七五調に書いた詩をこれまでに見たことのなかった井上は、「これは新体の詩だ」といい、その後3人で訳詞や自作の詩を作り、同年7月、この試作の新形式の詩を丸屋善七(略して丸善)に出版させた。
                            (伊藤 整著:日本文壇史1----より)




 この詩集こそ、日本新体詩の出現の先駆けとなった「新体詩鈔」なのである。
 日本近代詩の先陣を切ったともいうべき島崎藤村の「若菜集」の出版は、これよりさらに15年後の明治30年のことであった。

 もし、シェークスピアがハムレットを書いていなかったら矢田部、外山両氏は英詩の翻訳をしなかったかもしれず、井上氏もこの形式の詩を新体詩と名づけなかったかもしれない。又、「新体詩鈔」の出版もなかったかもしれない。
 そして、日本近代詩は今とは異なる経路をへて始まったのかもしれない。

 なおこのハムレットの同じ箇所を、福田恆存は次の通り訳している。

          生か、死か、それが疑問だ、どちらが男らしい生きかたか、
          じっと身を伏せ、不法な運命の矢弾を堪え忍ぶのと、
          それとも剱をとって押しよせる苦難に立ち向かい、
          とどめを刺すまであとには引かぬのと、一体どちらが。





 昭和19年、私が中学校2年一学期の英語授業の初日、英語の高橋先生(あだ名はいぼ先生)が黒板に次の一文を書かれた。  
           To be or not to be: that is the question.

 そしていわく、「古今、この一文の解釈に、世界中の英文学者、劇作者、俳優が悩み苦しんで来た。君たちも人生のある時期に、ハムレットと同じ悩みを持つかもしれない」と。

 第2次世界大戦が始まった後、14歳の少年にこのようにして最初の授業を始めた高橋先生を、今も忘れることはできない。

 昔の中学校の先生は人生の教育者でもあった。
                                     [2001年3月記]


                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に移る。
                  トップページ に戻る。