長恨歌(ちょうこんか)---白居易




 白居易は中唐の詩人、字(あざな)は白楽天で、日本ではこの名前でよく知られている。菅原道真は白居易の忠実な祖述者であり、紫式部や清少納言は彼の詩の愛読者であったとも聞く。
 彼の詩の中でも「長恨歌」は、古来多くの日本人に最も愛されてきた。この詩は叙事詩の体裁で、物語詩とでも言うべきであろうか。それは、8世紀の偉大な唐の玄宗皇帝とその愛人楊貴妃の悲劇的な恋物語で、漢詩の中でもストーリーを持った珍らしい作品である。

 全編120行の長編であるので、それを適宜に区切って紹介する。


        漢皇重色思傾国   漢皇(かんおう) 色を重んじて 傾国を思う
        御宇多年求不得   御宇(ぎょう) 多年 求むれども 得ず


 玄宗皇帝(ここでは漢皇と記されている)は美しい美人を重視し、政治を忘れてしまうような(傾国)美人はいないかと長年探し求めていたが、なかなか見つからなかった。楊家の一人娘はやっと大人になったばかり、家の奥で育てられ誰もその存在を知らなかったが、その美しさは天がわざわざ造ったのかと思うほどの麗しさであった。かくて、この娘はある日選ばれて皇帝のそばに出て拝謁することになった。


       廻眸一笑百媚生  眸(ひとみ)を廻らして 一笑すれば 百の媚めかしさ生まれ
       六宮粉黛無顔色   六宮(りくきゅう)の粉黛(ふんたい) 顔色無し


 彼女が顔を廻らせて一たび微笑むと、そのなまめかしさは美しく化粧した皇帝の大勢の女官も顔色を失うほどであった。皇帝はこの女性の虜になってしまい、自分の側室とした。


       春宵苦短日高起    春の宵(よ)は短きに苦しみ 日 高くして起く
       従此君王不早朝    此れより 君王 早く朝(まつりごと)をせず


 楊貴妃との帳の中の睦言は、皇帝をして春の夜が短すぎると感じさせるほどで、やがて皇帝は日が高くなるまで床から離れなくなり、早朝から開かれてきた政(まつりごと)の会議は、これ以降朝に開かれることはなくなった。皇帝の後宮には美女が3000人もいたのだが、皇帝の寵愛を受けるのは楊貴妃ばかり、かくて3000人の美女は全て皇帝から見捨てられてしまった。


       遂令天下父母心    遂(つい)に 天下の父母の心を令(し)て
       不重生男重生女    男を生むことを 重んぜず 女を生むことを 重んぜしむ


 やがて楊貴妃に連なる家族が高い地位と豊かな恩賞を受けるに至って、天下の父母たちは、男を生むより女の子を産んで大事にするほうが立身出世できると思うような風潮となってしまった。


       漁陽鞁鼓動地来   漁陽の鞁鼓(へいこ) 地を動かして来たり
       驚破霓裳羽衣曲   驚かし破る 霓裳(ぎょうしょう)羽衣(うい)の曲


 皇帝と楊貴妃が、政治を忘れるほどの愛の生活を楽しんでいる間に、漁陽に陣を構えていた安禄山が、兵を挙げて皇帝の住む長安めがけて謀反を起こし、陣太鼓を響かせながら皇帝の住む長安に攻め上がる。皇帝が作曲したむせび泣くような「霓裳羽衣」の曲は、反乱軍の陣太鼓に驚かされて吹き飛んでしまった。


       六軍不發無奈何   六軍発せず 奈何(いかん)ともするなく
       宛轉蛾眉馬前死   宛轉(えんてん)たる蛾眉(がび) 馬前に死す


 宮殿に反乱軍が突入し、皇帝は楊貴妃を始めとする身内と僅かばかりの側近を連れ、成都へ向けて脱出したが、百里ばかり進んだ馬嵬驛で部下の兵士が反乱を起こし、楊貴妃の命を求めた。かくて美しい楊貴妃(宛轉蛾眉)は皇帝の馬前に練り絹で自ら首をくくり、38歳でこの世を去った。


       行宮見月傷心色   行宮(あんぐう)に月を見ては 傷心の色
       夜雨聞鈴腸斷聲   夜雨に鈴を聞けば腸断の声

 長旅の後、成都に入った皇帝はここに仮の皇居を定める。しかし想い出すは楊貴妃のことばかり。月を見れば心が痛み、雨降る夜に鈴の音を聞けばはらわたを断ち切られるような悲しみ。


       天旋地轉廻龍馭   天は旋(めぐ)り地は転じて 龍馭を廻(かえ)す
       到此躊躇不能去   此(ここ)に到りて 躊躇し 去ること能(あたわ)ず


 成都にあること1年余、天地の情勢は変化し、皇帝は馬を廻らせて都の長安に帰還した。その途中、楊貴妃が命を絶った馬嵬驛に到って、皇帝は楊貴妃の哀れな最後を思い、なかなか立ち去る事ができなかった。


       君臣相顧盡沾衣   君と臣と相(あい)顧みて ことごとく衣を沾(うるお)し
       東望都門信馬歸   東に都門を望み 馬に信(まかせ)て帰る


 皇帝と臣下はともに楊貴妃が健在であったころを思い浮かべ、涙は衣をしとどに濡らした。万事ただ茫然として、東の方角に都の門が見える中、馬の歩くのに任せて帰るのみであった。


       歸來池苑皆依舊   帰り来たれば 池苑(ちえん) 皆旧に依る
       太液芙蓉未央柳   太液(たいえき)の芙蓉も 未央(びおう)の柳も
       芙蓉如面柳如眉   芙蓉は面(かお)の如く 柳は眉の如し
       對此如何不涙垂   此に対して 如何ぞ 涙垂れざらん


 帰ってみれば、楊貴妃が今いないことを除いては、池の芙蓉も宮殿の周囲の柳も昔のまま。芙蓉は楊貴妃の顔に見え、柳は彼女の眉を想い出させる。これを見るにつけ涙は止まることを知らぬ。


       爲感君主展轉思   君主が展轉(てんてん)の思いに 感ずるために
       遂教方士慇懃覓   遂に方士を教(し)て 慇懃(いんぎん)に覓(もと)めしむ


 君主が愛人を思って夜も転々として寝られない有様に、部下は遂に道教の修験者を招いて、楊貴妃の霊のありかをあちこちと探させることとした。


       忽聞海上有仙山   忽ち聞く 海上 仙山有り
       山在虚無縹緲間   山は 虚無 縹緲(ひょうびょう)の間に在りと


 楊貴妃の霊のありかはなかなか見つからなかったが、海上に神仙の住む山があると、ふと聞きつけた。その神山は俗世間から遙かかけ離れたところにあるとのこと。


       聞道漢家天子使   漢家の天子の使いと道(い)うを聞き
       九華帳裏夢魂驚   九華の帳(とばり)の裏(なか)に 夢魂驚く


 神山には雪の肌、花の顔を持つ方がおられるとのこと、これぞ探し求める御方と、修験者は神山の宮殿に向かい、漢の皇帝の使者であると訪(おとな)いを入れた。豪華な帳(とばり)の中に寝(や)すんでいた美人は、漢の皇帝の使いと聞いてはっとした。


       含情凝睇謝君王   情を含み 睇(ひとみ)を凝らして 君王に謝す
       一別音容兩渺茫   一別して音容 兩(ふたつ)ながら 渺茫


 皇帝に対する思いで涙にうるむ眼差しをもって、「陛下はお元気ですか」と修験者に尋ねる。「お別れして以来、陛下のお声もお姿も遙か彼方へ遠ざかり、恩愛は絶えてしまいました。」


       唯将舊物表深情   ただ 旧物を将(も)って 深情を表(あらわ)す
       鈿合金釵寄将去   鈿合(でんごう) 金釵(きんさ) 寄せ将(も)て去かしむ


 「昔、陛下から賜った螺鈿(らでん)細工の小箱と黄金のかんざしを、恋の想い出として陛下にお持ち帰り下さい」。そういいつつ二個の品物を二つに裂き、一つを陛下に一つを自分の手元に置く。


       但教心似金鈿堅   但(ただ) 心を教(し)て 金鈿の堅きに似しむれば
       天上人間會相見   天上 人間 会(かなら)ず 相見ん


 「今は天の上と人の間に二人は別れていますが、お互いの心が螺鈿の小箱や金のかんざしのように堅固でありましたら、もう一度お目にかかる日がありましょう。」


       臨別殷勤重寄詞   別れに臨(のぞ)んで 殷勤 重ねて詞(ことば)を寄す
       詞中在誓兩心知   詞の中に誓い在り  兩心(二つのこころ)ぞ知る
       七月七日長生殿   七月七日 長生殿にありて
       夜半無人私語時   夜半 人無く 私語の時
       在天願作比翼鳥   天に在りては 願わくば 比翼の鳥と作(な)り
       在地願爲連理枝   地に在りては 願わくば 連理の枝と為(な)らんことを


 別れ際に楊貴妃は、更に言葉を重ねて陛下に伝えてほしいといった。
 「二人だけが知っている誓いの言葉があります。それは、七月七日の夜半、長生殿であたりに誰もいないとき、二人が交わした愛の秘め言。私たちが天界へ召されたら、羽が繋がった二匹の鳥になりましょう。また天界から地上へ戻されたら、枝がくっついた二本の木になりましょう。私たちは、今も、次の世も、その次の世も、夫婦であろうとお誓いしました。」


       天長地久有時盡   天は長く 地は久しくとも 尽きる時有り
       此恨綿綿無盡期   この恨み 綿々として 尽きる時無し


 白居易は此の恋物語を閉じるに当たって、自分の感慨を添える。

 「天は長く地は久しく存在するとしても、やがては天地ともに滅び尽きることが有るだろう。だがこの恋の恨み、愛の裏にある別れの恨みは、天地が滅びようとも綿々として尽きることは無いだろう」 と。



 私がこの長恨歌を初めて知ったのは昭和29年のこと、岩波新書から出版された吉川幸次郎氏の「新唐詩選」を通じてであった。悲恋の感傷を惜しみなく描き出す「長恨歌」と、それにもまして長恨歌の纏綿とした情緒を微細にわたって解説する吉川氏の名文は、読む者をして知らず知らずのうちに8世紀の幻想的な悲恋物語の中に引き込んでしまうのであった。
                                         [2001年4月記]


                    

                   想い出の詩  に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。